2021年5月3日月曜日

霧の中のk字回復。

 昨晩BS1で「欲望の資本主義・特別編」をやっていましたね。その中でk字回復というワードが出てきました。V字回復でもL字S字でもなくk字。V字回復する企業と右肩下がりに落ちていく企業に分かれていくことを言うんだそうです。

中国は既に高度経済成長に戻り、米国も200兆円の財政政策で経済は成長基調にあります。バイデン大統領は中間層の復活を掲げて長期に渡り財政を出動させ富裕層を増税し、貧富格差を縮めようとしているんでしょ。

その中であってもk字回復と言われているのですから、今の日本の財政政策ではk字の上側はほんの一部になりそうですよね。

コロナ禍で影響を受けた業種の上位に飲食や宿泊より建設があったのに驚いたのですが。店舗改装やオフィスや宿泊のリニューアルがなくなったことが影響しているんだとか。

いずれにしてもデジタル系やネット小売りなどのk字回復の上側は未来があるようです。あと、世界中で財政出動した結果GDPは上がり、モノが売れているようで、製造業は底堅く強いんだそうです~

さぁ不動産は上側か下側か、ほぼ下側と見られているようですが、中身で大きく分かれるというのがホントだと捉えています。