2019年1月25日金曜日

給水管の重要性。

現在、ある賃貸計画中の敷地に50mmの給水管が引き込まれています。
しかし、50mm管では新築建物に対して口径が足りません。

そうしますと、50mm管を撤去しまして、新たに75mmとか100mmとかを引込しなおすようになります。

その引込管が敷地の前の道路から引き込みができていれば問題ありませんが、今回は既存の50mm引込管が遠くの幹線道路から単独で引き込まれていたので、随分長い距離を新たに引っ張ってこなければならないんですね。

賃貸事業を考えるなら、敷地の価値というのが坪単価だけでなく「給水管」や「下水」さらには「排水経路」といった付帯工事費を加味したうえで、算定しなおすのが大切ですね。

行政管轄によって費用負担も随分違うので、そのケースごとにシュミしたいところです。