2018年7月31日火曜日

日銀金融政策決定会合の速報。


日銀金融政策決定会合ですが・・・異次元の金融緩和を一部修正して、長期金利の一定の上昇を容認すると速報がありました。

米国の利上げを中心に世界的な金融政策の正常化が進み始める中で日銀が長期金利をゼロに抑え続ける事も難しくなってきている~っとありましたが・・・

それは以前からやし。
金融機関等々への悪影響の副作用を無視できないところにきたということでしょうかねー

物価上昇にしても目標通りにはいっていないのですが、日銀の統計が家計の投資信託保有残高を30兆円以上過大に計上していた問題も出てきて、今までのあらゆる統計数字も「ほんまでっか」となります~

どちらにしても、金利の低下は止まり、上昇傾向に少しずつ触れ始めて・・・さらに円高傾向になりますか?

円高になれば株価にも影響して、安倍政権を支えてきた根幹もゆらいできますね。
しばらくは、注目ですね。

金利上昇が今後ダラダラ続くようなら、低利回り大家さんは損益分岐点が気になるところですね。