2017年5月23日火曜日

土地から購入の注意点~残留物。

新規の造成地でない場合は、なんらかの残留物があるかもしれません。
何度か通って良く確かめたいですね。

コンクリートブロックのガラが何か所か落ちているとか、何かの残骸が気にならない程度でも残っているとか。

基礎工事の際、必ず捨てなくてはならないものなので取引以前に処分してもらうか、処分費用を引いてもらいたいところです。

あと注意が必要なのは、土が盛り上がっているなどの場合、場外処分に相当な費用が掛かってしまいます。

残土処分の費用は場所によって違いますが、㎥当たり6,500円~7,000円とか結構負担が大きいですので。

現地ではあまり気にならなかったとしても、駐車場として道路とフラットにするためには下地の厚みがいるので、これまた場外処分費用が必要となります。

この辺は建物の計画と合わせて事前に見積もっておいた方がいいですね~
これらを合わせて建物建築までの諸経費を把握して土地の坪単価をはじきたいところです。