2017年4月20日木曜日

土地から購入の注意点~道路中心後退とセットバック。

シリーズ第一弾として、道路中心後退とセットバックの違いを具体的な事例を参照しながらご紹介します~

道路中心後退は皆様よく御存じではないですか???

接面道路が4m未満の時、真ん中から2m後退した部分を敷地ではなく道路として見ることですね。

この時、中心後退した部分には基本何も造作物はできませんし、法規上の敷地面積も減ります。

しかし敷地やし、所有者は個人なので土間コンクリートぐらいは段差があまりなければかまいません。

そもそもこの道路中心後退ですが、4m未満の接道の方々がみんな後退をすれば未来に4mの道路がてきるという理屈ですが、皆が土間コンクリートを打設してしまうと凸凹になって道路にはなりません。

なので、現実に長く4mが確保できたときには、役所がコンクリートを除去して道路にするということらしいです。その時名義が公共となるということなんですね。

この話とよく間違いやすいのが、セットバックです。
セットバックとは道路の幅員に関連する道路斜線の緩和規定のことです。

では、そもそも道路斜線ってなんですの???