2016年2月4日木曜日

金融緩和のお金、賃貸市場には?

日銀の金融緩和のあと、株価少し戻りましたが乱高下。
高熱が出ているのに、トンプク飲んで走っている感じがしますけど・・・

「金融機関が余剰資金を国債に向けるのではないか、との憶測から利回りが少しでも高い国債を今のうちに買っておこうという動きがある」とメディアが言っていますが・・・ほんまでっか???
余ったお金は、どこどこいく~のです。

これって賃貸市場に潤沢に回す可能性、あるのではないですか。そうすると金利はカサ安くなるかも。低金利のうちにさっさとリスクを抜けようではありませんか。金融緩和・マイナス金利時代突入は、われわれ大家にとってチャンス到来かも。

しかし、株価を支え経済成長率を底上げしてインフレに導きたいとしているが、中央銀行の本来の目的ってなんなんでしょうね。

米国が利上げして新興国から資金が撤退していると言うし。また、通貨危機があるのでしょうか。そうするとIMFの登場っとなるのでしょうか。ホントに良く解りませんが、誰かが何かの目的で動かしているのは間違いないと思いますが。

何度も申し上げておりますが、世界の中央銀行は5か国を除きすべて民間銀行ですから株主がいます。つまりオーナーがいるのです。万俵家(キムタクのドラマ)のでっかい版みたいな。
ロスチャイルド家とか・・・

大家業は中央銀行の政策が影響しています。でも中央銀行の政策はなんとなくしか読めないので・・・自分たちは謙虚に入居者に向き合い、試算して資産を築くしかないですよね。