2021年1月8日金曜日

日本経済全体への影響。

緊急事態宣言が今後日本全体に広がっていきそうです。

第3波は感染爆発で大きなダメージを生む、そんな今回の政策内容だと思います。飲食店や旅業等々だけでなく、日本経済全体に影響してきそうな感染者増加数になる感じです。

地方で医療崩壊していないエリアでも心理的な閉塞感から消費マインドが落ち込んで、じわじわと経済全体が収縮に向かいそうです。

自分自身で出来る対策や覚悟+手立てを愚直にやっていこうと思います。

わたくしはアクセルとブレーキを同時にかける現在のやり方ではなく、思い切った感染対策+給付支援を打って完全に感染者数を抑え込む意気込みの方が結果的に経済回復が早いという考えです。

給付金10万円を国民全員に配りましたよね、トータル8兆円かかったと試算します。日本全体を1か月ロックダウン的に完全に人の移動を止める代わりに国民一人ずつに50万円給付します。4人家族で200万円です。

感染者数が日本全体で100人以下にならなければ、さらにもう1か月50万円給付します。2か月で合わせて100万円、4人家族でトータル400万円になります。

ここまでやれば、感染者数は100人以下になるのではないでしょうか ? かかった費用は80兆円・・・

その80兆円どないするん ? とのお声ですが、国債を日銀が買い入れます。

このあと何割かは消費に回るんです。ここで畳み掛ける経済対策を打つ、感染者数が日本全体で100人以下になった時に期間限定・半年間消費税をゼロにして経済の活性化・一般消費を促す。

80兆円は1400兆円の借金と合わせて1480兆円の借金に代わるだけ。これで小さな店主など誠実な商人を守れて、医療崩壊しなければ助かったであろう方々の命も救える・・・

80兆円ぐらい、さっと出せって感じです。

現在でも国債バンバン発行しても、金利は下がり株価は上がり、円高気味な訳で直接国民に80兆円使う代わりにGOTOもオリンピックもやめて用意していた予算はすべてここにつぎ込んでいく。

これぐらいの大きなメッセージを出さないと医療崩壊が連鎖してしまうと思うんです。歴史的なパンデミックなんです、今は国民の命を守る政策一点に特化するべきでしょう。