2018年6月13日水曜日

賃貸商品のいろいろと人生設計。

大家業と申しましても、節税のための方もおいでますし、それで生計を立てられている方もおいでます。

相続などで広い土地を数か所入手したなら、選択肢はいろいろあるでしょう。
しかし、50坪の土地一つだとしたら、どうでしょうか。

賃貸事業の借金は、総額リスクと月々の返済リスクと両面から考える必要があります。

何棟も所有し、償却が完済している物件などがあると、全体の事業リスクは格段に減りますが、ほとんど借金で賄う計画ですと、総額リスク・月々返済リスク両方背負わなければなりません。

普段、サラリーマンとして働いている人たちにとっての総額リスクはその方の人生に大きな影響を与えかねない。

そんなときに、2戸1戸・ガレージハウスや戸建て賃貸つまえるハウスなどは、総額が抑えられてとっつきやすいのではないでしょうか。

働きながら、若いうちに着手しておけば、中年になったころには償却が終わるはず。

1物件でも償却が終われば、次の償却スピードが速いので定年までにもう一つ着手できて、定年後はそれらが年金に足されてなんとかやっていける~

定年後の人生は、若いころに着手、中年で加速、定年で完結。
定年から着手したのでは、間に合いませんね。

それは月々の入金を使わずに完済させるのが、リスクヘッジになっているからなんでしょうね。