2018年6月23日土曜日

大塚家具と創業家。

19日付けの『デイリー新潮』の記事では、今月1日に東京・有明本社において、各店の店長の前で大塚久美子社長(50)が人目もはばからず号泣し「もう、潰れるか、買収されるしかないのよ……」と発言したなどと伝えるとともに、業界紙記者の話も交えて同社の様子について報じた。

とあります。
大塚家具・久美子社長は事実と異なる内容があるということで、抗議対応を考えているとのことでした。

大塚家具は、またまた、大赤字が出そうで株価も下がり続けているようです。

親子の対立が表面化して株の取り合いになり、経営権は久美子社長に渡り、父側は同志を率いて匠大塚を創業という結果になった。

本来、創業者の父方が圧倒的に持ち株で勝つと思えたが、相当数が久美子社長側にまわったという不思議な結果となった。

私はこの時から、大塚家が株主に狙われていると勘ぐっていました。
親子を分裂させて、その後業績が落ちて久美子社長を追い出せば、創業家はいなくなり、企業資産を自由にするのが目的かもしれないとふんでおりました。
(いつの間にか創業家が追い出されるケースがよくある)

今のところ、そのストーリーに沿って動いていますね。

久美子社長就任当初からピンとくる戦略もなく、どれくらいでどうなるんだろうとみております。
創業家がいなくなったとして・・・どうなっていくか興味あります。

物言う株主は、ホワイトナイトばかりではないんですよね。

2018年6月22日金曜日

さらに・・・ざんねん。

高槻の小学校ブロック塀倒壊の件ですが・・・

その校長は21日、3年前にブロック塀が危険だと外部から指摘を受け、市教育委員会に伝えていたことを明らかにし、市教委が現場を確認したが、安全だとしていたという。

っとあります。
呆れてものが言えない・・・

市関係者らによると、危険を指摘した講師は防災アドバイザー。
この人の話を聞かないなら、なぜ呼んだんだろう???

市教委が16年2月にブロック塀をハンマーでたたくなどするテストを実施して、安全である、と学校側に伝えたという。

ひかえが無いのは一発目視で解る・・・その時点でアウトだろ。
鉄筋はそれ専用の機器を使わないと解らない・・・

だいたい専門知識のない建築士でないものが、点検したのではないだろうか???

っていうか、防災アドバイザーの話を聞いた校長も結局委員会に報告したという段階で終わっているというのも納得いかない。

校長にも責任を取る気がない・・・

ここまで権限がないなら、教室の中も不具合だらけだろうね。
助かった命だと思う、ざんねんでしかたない。

2018年6月21日木曜日

耐火改修が不要に???

今まで耐火補強をしなければならなかった3F建て空き家に対して、一定の防火性能を持たせるだけでいいという規制緩和の改正建築基準法が成立したそうです。
訪日外国人客用・宿泊先確保や待機児童解消につなげるためとのことだが、ホンマはオリンピックに備えようという動きだろうね。

民泊もそうだが、当初はかなりの問題が出る思う。
大きな災害にならなければいいが、こういうオリンピックに間に合わせるなどの理由は、少しリスクを含んでいると思いますね。

規制緩和とは聞こえがいいのですが、長距離バスの安全性・タクシードライバーの低所得・非正規雇用の増加・商店街や酒屋にタバコ屋の商店消滅・モラルのない弁護士事務所乱立、カードローン破綻者など弊害がいつも付きまといます。

私は、一定の規制容認派でありますが、待機児童問題だけは早急になんとかしてほしいと願っています。

2018年6月20日水曜日

ハメスロドリゲスのケガ。

ひとまず、コロンビア戦の勝利おめでとうございます。

もちろん、見ておりましたが、残念だったのは・・・
ハメスの動きでした。

左ふくらはぎを痛めて別メニューで練習していたそうですが、あの状態なら出ない選択が正しかったのではないでしょうかねー

ほとんど動けず、恐る恐る歩いているという感じでしたでしょ。

交代したキンテーロの動きが良かっただけに、ハメスが出てきてコロンビア選手の動きが悪くなったと岡田元監督も言っていましたね。

前回のような元気いっぱいのハメスを見たかったですね、そしてそれに勝利したかった~

ポーランドがセネガルに負ける番狂わせにより、次セネガルに勝てば決勝進出は現実性が帯びてきますね。

2018年6月19日火曜日

あのブロック塀はひどい。

高槻市で大きな被害が出ています。

道路に面したプール際の擁壁に8段も積まれたブロック塀、ひかえ壁はなく、横鉄筋はなく、縦鉄筋も擁壁に強く緊結されておらず、道路との高低差があるため高いところから崩壊し、児童が犠牲になってしまった。

数々の地震に襲われるたび、法改正をし耐震性を強化するようやってきたのに、校舎・体育館以外は対象外だったという・・・
はっ~

あれだけブロック塀は危険だと言ってきたのに、8段も積めばどうなるか一目瞭然だろうに。
犠牲になってしまった児童は、人災であり、市・学校側の責任は免れないし、国の指針にも問題があったと思う。

ひかえ壁があり、横も縦も鉄筋が正しく施工されていれば、あのような崩壊にはならず、犠牲にならなくて済んだと思って・・・
悔しくてならない・・・

一般の住宅なら、まだしも。学校の塀。

登校するグリーンベルト上を先生に言われた通り、歩いていた児童のことを思うと・・・たまらない。。。

校舎・体育館だけでなく、国をあげて学校全体の耐震性を根本から見直し、大きな予算を組むべきでしょう。

オリンピックやカジノのような大きな国家予算に群がる連中は、こういった一番大切なところをコツコツやらない。

これでは、先進国とは言えないですよね。

2018年6月18日月曜日

ミケルソンの驚きのコメント。

愕然としました・・・何が起こったのか一瞬良く解りませんでした。
全米オープンでミケルソンが、グリーン上を転がっているボールを打ったのです。

アナウンサーも解説者・矢野東選手も絶句、「凄いのを見てしまった」と言っていました。

ミケルソンは、全米オープンのグリーンの難しさに8番から11番まで連続ボギー。
12番はなんとかしのいだが・・・13番。

ピンハイからのパットはコロコロカップを過ぎてさらに加速。
グリーン上から出ていく模様。
それをいそいそと先回りして転がっているボールをカップへ打ち返してしまった。

ユーチューブで見てください。
ミケルソン、全米オープンで出てくるでしょう。

私は、彼があまりに理不尽なグリーン設定に追い込まれ、パニックになったと思いました。

ところが、彼のコメントは、そうではなく・・・
あのままボールがコロコログリーンから出ていくより、2打罰払ったほうが得策だと思ったとコメントしたんです。

このコメント方が余計に驚きました。
さらに、全米オープン競技委員の判定もなんと2打罰と下した・・・
なんやこれ、ありえへんわ~

この先、あごの高い地獄のバンカーに入ると解ったら、転がるボールを打ってバンカーに入れないようにして2打罰払えばいいということです。
もはや、ゴルフ競技ではないでしょ。

ミケルソンはトッププロとして輝かしい成績をおさめている選手ですが、このプレーというより、このコメント内容で台無しにしてしまったと感じます。
(プレー自体より、この考え方の方が恥ずかしいということです。)

ゴルフをされる方なら、良く理解されると思いますが、突然トラブルに襲われパニックになったり、魔がさすことがあります。

上手くいかない苦痛にずっと耐え続けるからこそ、練習の成果が出た時の喜びはひとしおなんですね。

15年以上も前なのに、私はいまだにゴルフでの心の傷があります(笑)
月の宮でバンカー脱出に11打、四国カントリーの2段グリーンで7パット、コートベール1番ホールだけでOB7発、ホールアウト後、誤球に気づくなどなど。

そこに行けば、今もその時のパニックを思い出します。
今回のこのルールは失格に改正すべきだと思います。

2018年6月15日金曜日

本日は、仕様打ち合わせ。

共同住宅にしろ長屋や戸建て賃貸にしろ、「仕様打ち合わせ」というプロセスをふみます。
色決めや仕様建材の確認を一つ一つしていきます。

特別要望がない場合などは、こちらで2パターンぐらい、あらかじめプレゼンを作成しておいて、それを基準に決めていきます。

大家さんごとに、特徴が出てくる瞬間ですね。

そんな見方もあるのか、とか・・・その組み合わせは考えたことなかったが案外いけるかも、みたいなお話しになっていきます。

ご自分の住む住宅でない分、冒険もありですし、一般ウケするのを選択するのもありです。

早くて1時間、長い場合は2日~3日間ぐらいかけるケースもあります。
少しでも良くなればということに割く時間は、とても大切で私たちも楽しみながら進めています。

2018年6月14日木曜日

日朝会談に期待。

米朝首脳会談の合意内容について、かなり悲観的なことを言う人たちがいますが、米国も北朝鮮も一度決まった合意文書を都合で変えてしまう過去から言って、会談が成功したから今後上手くいくというものでもない・・・

なので、会う⇒話を進めるっというだけでも、良かったのかも。

北朝鮮には経済制裁は完全に効いているので、こうなったんですよね・・・
気をつけないといけないのは、結果が見えないうちに相手側にお金が渡ってしまうとまた元通りになるのでは。

日朝会談が実現しそうだということですが、はっきりとお金の話を戦後賠償も含めて提示し、合意したなら拉致問題解決後すぐに支払うという単純なストーリーで進めていった方がいいのではと思います。

お金の提示をせずに、拉致問題解決後話し合うというのは、現実的ではないと思うのですが・・・
でも本当にラストチャンスですね、小泉元総理もホスト役を買って出てほしいです。

2018年6月13日水曜日

賃貸商品のいろいろと人生設計。

大家業と申しましても、節税のための方もおいでますし、それで生計を立てられている方もおいでます。

相続などで広い土地を数か所入手したなら、選択肢はいろいろあるでしょう。
しかし、50坪の土地一つだとしたら、どうでしょうか。

賃貸事業の借金は、総額リスクと月々の返済リスクと両面から考える必要があります。

何棟も所有し、償却が完済している物件などがあると、全体の事業リスクは格段に減りますが、ほとんど借金で賄う計画ですと、総額リスク・月々返済リスク両方背負わなければなりません。

普段、サラリーマンとして働いている人たちにとっての総額リスクはその方の人生に大きな影響を与えかねない。

そんなときに、2戸1戸・ガレージハウスや戸建て賃貸つまえるハウスなどは、総額が抑えられてとっつきやすいのではないでしょうか。

働きながら、若いうちに着手しておけば、中年になったころには償却が終わるはず。

1物件でも償却が終われば、次の償却スピードが速いので定年までにもう一つ着手できて、定年後はそれらが年金に足されてなんとかやっていける~

定年後の人生は、若いころに着手、中年で加速、定年で完結。
定年から着手したのでは、間に合いませんね。

それは月々の入金を使わずに完済させるのが、リスクヘッジになっているからなんでしょうね。

2018年6月12日火曜日

米朝首脳会談一色。

朝から米朝首脳会談のニュース一色ですね。
金委員長は、珍しく緊張した面持ちでしたね。

金日成、金正日に続く同族支配3代目。

長男は早くから独裁体制に異を唱え父・金正日とは距離を置いていましたが、結局殺されてしまいました。

二男はおとなしい性格だそうで、父・金正日はだいぶ前から現委員長・三男に跡継ぎを決めていたようでした。

やはり、経済制裁は、完璧に効いたと思いますね。

思想が近い文大統領が仲介役になった感じですが、米国側がトランプでなくヒラリーだったら実現していなかったかもしれませんね。

玉川さんは韓国に駐在する米軍の在り方を変えたいトランプ側の意向と追い込まれた金委員長の思惑が合致したようなことを言っていましたね・・・それもあるでしょう。

米国は大統領を支援する団体、特に武器関連企業等のゆるやかな支配力が大きいので、今回の行方はオバマ・ヒラリー支援団体とは違う内容、結果になるかもしれませんね。

日本の拉致問題までには、まだまだ険しいと思いますが、要はお金の額の摺合せ次第といったところでしょうか。

トランプは、いいところとダメなところがはっきりしていて、わかりやすいっチャーわかりやすい~

でも、期待したいですね。

2018年6月11日月曜日

大家さんと鳴門カントリーへ。

昨日は、現在建築中の大家さんのお誘いをいただき、鳴門カントリーへ行ってきました。

私は38歳でゴルフをはじめまして、5年間ひたむきに打ち込んだ後・・・
去年までご無沙汰でした。
ですので、鳴門カントリーは15年ぶりでございます。

距離はないのですが、トリッキーで狭いところもあって、難しいですね。

今日は順調に80台で回れると思った矢先、上がり2ホールだけで7オーバーとなり(笑)
最終スコア90でまたも切れませんでした~

雨が18ホールまでもったので良かったですが、天気がいい日は眺めが良さそうでしたよ~

2018年6月9日土曜日

上手いだけでは駄目ですね。

永久シード片山選手が、プロアマで同組の招待アマを怒らせてしまったようです。
原因・詳細は、これからでしょうが・・・

やりかねないと正直思いました。

私は、兵庫・岡山・高知でのトーナメントには何度もギャラリーとして観戦に行きました。

ティーグランドでショットを打ちながら大声を上げたり、ミスショットをした際にクラブでキャディーが背負っているバッグを強打したり、パターをぶん投げる~

とにかくきげんのいい時はいいのだが、基本マナーは悪いです。

片山選手にクラブで背負っているバッグを強打されたキャディーは現在、松山選手について大活躍しています。
このキャディーとのやり取りや関係性は、現在の松山選手と全然違います。

スコアが悪いとホールアウト後のインタビューも口をとがらせてイヤイヤ答える場面もありました。

遼くんが自分の成績も振るわないのに、トーナメントのため積極的に動いているのに、大先輩としてなんの手助けもないどころか、こんな失態で足を引っ張る。
さらにプロの中に、プロアマ自体いるの?みたいなヤツまで出てきて・・・

プロアマの本質から米国へ行って勉強してこいっ。
だから男子トーナメントは人気が落ちてるんでしょ。

世界の目で青木さんにお灸をすえてもらいましょう~

2018年6月8日金曜日

所有者不明の土地有効利用へ。

昨日の地元紙に、所有者不明の土地を有効利用するための特別措置法が来年6月までに施工されるとあります。
相続後の未登記などで持ち主の解らない土地は全国で九州の面積を上回っているらしい。

荒廃を招き景観の悪化、災害復旧の支障になる恐れあって、さらに高齢化で今後このケースが増えるということなんですね。

土地の使途として地域住民が利用できる公園や診療所などを想定しているようです。

空き家対策に加え、この特措法、有効利用ができそうな気がしますね。

2018年6月7日木曜日

住宅建設現場にAIロボット。

地元紙に掲載されていました、先進技術のAIロボット。
このロボットは天井に貼る石膏ボードを施工するそうです。
大手ハウスメーカーが2020年から実用化を目指しているそうで、将来性の高い取り組みだと思います。

大工さんの仕事なのですが、高齢化が進んで壁に貼るより上を向いて作業する天井貼りは負担が大きいんですね。

私たちの賃貸建物は、省令準耐火仕様にしているので、一般の住宅用より厚みもあるし重たいんです。

こういうロボットが普及すると職人の現役年齢も伸びるし、女性でも可能になってくる。

人口減少をまかなう取り組みは、あちらこちらで進んでいますね~

2018年6月6日水曜日

レオパレス問題は、ガイアの夜明けから。

レオパレス21の法令違反の疑いが発覚、テレビ東京「ガイアの夜明け」取材がきっかけだった~
っと出ています。

法令違反の対象は、なんと全国に915棟まで膨れ上がっています。

発覚した経緯として、「3月と4月にオーナーから指摘を受けたため」と説明していて、それらはテレビ東京の番組が取材したオーナーたちだっだ。

番組は、独自入手したレオパレス21の内部文書をもとに行っていたそうで、関係者の証言では、この件は20年くらい前から問題になっており、社内で隠蔽・放置されてきたものだといっている。

「3月と4月に指摘を受けてわかったというのは嘘?」との質問に、関係者は「ウソといえばウソ」と答えたということだが。

現場の様子からして、図面の記載漏れとか、検査体制の不備とは思えず、見えない部分の手抜きによる工期短縮とコスト削減が原因と推測するのが自然でしょうね。

なおしゃーええのと、ちょっと違うな、大手だけに・・・

徹底した原因究明と意図的か否かについても徹底追及しないと、この企業に限らず、国家全体の他の建物の品質についても疑っていく必要があると思います。

勝利至上主義、拝金主義もこの際考え直す時に来ていると思う・・・
ホントはプロセスが一番大切だと思いますけどね。

2018年6月5日火曜日

苦悩する地銀たち、島根銀に改善命令検討。

島根銀行は純利益が前期比38.5%減となり、業務純益が赤字に転落・・・金融庁は、業務改善命令を出す方向で検討。
っとあります。
スルガのような不正融資による行政処分ではなく、今後人口減少が顕著な地方での典型的な業績不振ということですね。

よく言われるのが、鳥取・島根・高知・徳島というグループ。
人口も少なく高齢率も高く経済市場もドンドン縮小している。

今回の島根銀行の頭取は大蔵省出身。
地方銀行の頭取は、日本銀行や大蔵省が多い~

あぐらをかいた経営とは言わないが、ルートの違う若手経営者でないと、これからの経営は難しいでしょうね。

また、これらが破綻や再編になりますと、債権が新しい銀行に移ります。

私たち大家・借りた側は、金利の変更や追加担保の要求なども想定して事業計画しなければならないと思いますね。

2018年6月4日月曜日

誰をどんな気持ちにさせたいか。

新聞広告でのお問い合わせの中に、スキップハウス・ガレージハウス・つまえるハウス、なんか面白そうだけど、どんなん???

みたいな、なんとなくのお問い合わせをいただくことがあります。

大家さん側が、単身者向けの共同住宅でいくとか、或いは3LDKの長屋でいくとか、戸建てかとか、漠然としているわけです。

これは、ケースによれば至極当然な状況だと思います。
それように土地を購入したわけではないので、どうしようかな?

もっと言えば、何かした方がいいのかな?
ぐらいのノリといいますか。

ここから、いくつか見学するうちに何かに惹かれ、どこかに魅力的な差別化を感じて動いていく初期行動なんでしょうね。

サブリースが大きな市場となったのには、「任せればいいのか+保証があるのか」といったリスク回避のイメージが一番だったと思います。

しかし賃貸事業なら、根底には誰をどうやって喜ばせようかという大家さんの気持ちがカタチになって入居者に伝わっていくものですし、リスクがなくなることはありません。

画一的な商品とサブリースというしくみだけでは、かえって大きなリスクを背負っていることにならないでしょうか。

誰を、どのように・・・大切です。
最初、どうしたもんかな~これでいこうかに変わっていくプロセスを時間をかけて楽しんでほしいと思いますね。

2018年6月3日日曜日

オンキョーの苦境。

先日、破綻したギターメーカー老舗のギブソンと資本提携していたオンキョーが苦境に追い込まれているようです。

私が小学生のころ、オーディオブームが起こって各専門メーカーがしのぎを削っていたのですが・・・

ミニコンポなるものが主流になるとほとんどのメーカーは下火になりました。
しかし、オンキョーはその後も剛腕経営者などを向かえ、カーコンポなどの新しい販路を開拓してやりくりしてきたのでしょう。

オンキョーにアンプの山水や、レコードプレーヤーのデンオン、JBLのスピーカー、アンプのトリオ、カートリッジメーカーのシュアー等々なつかしい企業名がいっぱいありましたよね。

個別に買い揃えていた、あの頃・・・
私も個別に買い揃えて、システムコンポなどをバカにしていました(笑)

今聞くと、大したことないんでしょうね~

2018年6月1日金曜日

レオパレス界壁問題、広がる。

レオパレス21のリリースを基に試算すると、「ゴールドレジデンス」など6ブランドでは1807棟(1万3791棟÷290棟×38棟)に不備が生じている可能性がある。

また、「ゴールドネイル」など2ブランドの現存915棟では835棟で界壁がないと推定される。
以上、ネットニュース~

驚いたことに、「界壁がないと推定される」とあります。

はっきり言ってこれはテクニカルな問題以前で・・・ないとは、ありえない。
界壁に使用する新建材の厚みや使用するビスの規定違反かと思えば・・・なんとないとは。

界壁とは・・・住戸と住戸の仕切る壁のことで、基礎から屋根までまず最初に壁内に断熱材を充填し、既定の新建材・ビス等(ピッチも規定がある)を使って2重貼り(乱貼り)する基本的なポイントです。

下請け業者レベルでも界壁の重要性は認識しているはずなので、これが意図的ではないというのだが、どんな流れになればこんなことが起きるのか、ちょっと考えにくい。

おそらく、界壁がないなどは行政機関の際に絶対チェックする重要項目なので、行政の見逃しはないと思います。

補修工事に15億円などと算出していて業績に影響はないとしているようだが、信用の失墜からして営業になるのだろうか。

また、以前よりサブリースで集団訴訟もかかえており、今後企業の姿勢が問われることになるでしょうね。

今頃って感じですが・・・内部告発なんかな~

2018年5月31日木曜日

ハリル解任の意味は・・・

昨日、ガーナ戦を見ておりましたが・・・サッカーファンにはどう映ったのでしょうか???

前回のワールドカップでは、サイドから上がって、センターへ運ぶ戦術というか~その動きが相手側に完全に掌握されていてさんざんだったように思います。

ハリル氏が解任されて、どんなサッカーをするのかと観戦していましたが、懐かしいいつものメンバーを招集して元に戻っただけに感じましたが・・・

若手がモノを言えない、今話題の組織になっていないでしょうか。
ハリル氏をこの時期に解任したホントの理由や誰によってそうなったのか・・・

勝ち負けの前に、残念な試合だったと感じました。

2018年5月30日水曜日

レオパレス法令違反疑い。

本日の地元紙によれば、建築基準法違反の疑いで施工不良が、大手レオパレスで見つかったとあります。
1996年~2009年に施工した計38物件となっています。
内容は、防火・防音のための界壁(住戸を隔てる壁)等がないとのことです。

実は・・・私は20代の時、レオパレスの下請け工事(当時の木造物件)を数年間やっており心配しましたが、1996年以前にやめておりました~(当時の企業名はMDIで商品だったのがレオパレス21でした。)

今回の記事で、レオパレスの見解は下請け業者に対する検査体制が十分でなく、意図的な手抜きではないと書かれているが・・・

原因について、仕様変更に伴い設計図面上に反映されていなかったと言っているので、図面通りに進める下請け業者の問題ではなさそう。

そもそも、図面に反映されていない、つまり記載されていないとすれば、確認申請時にも行政審査時点で見逃されているということですよね。

企業で反映し忘れ、行政で見逃してしまい、下請けも気が付かず、というところでしょうか。

あってはならんことですが、毎年いくつかこういう事例がでているのも事実なんですね。
やはり、元請けの時点で気がつかないと本当はいけないですね。

2018年5月29日火曜日

消費増税時の大型予算。

政府は、消費増税での消費の落ち込みを警戒して、大型予算を組むというモノ。
公明党との話もついている模様。
これで確かに国全体の経済指標は上がるでしょうね。
問題は一般庶民の消費マインドだと思います。

大型予算は一定のルートを通って確かにGDPを押し上げるでしょうが・・・
その流れに関連しない国民にとっては、10%・増税・2ケタの印象でマインドは冷え込むはず。

選挙対策、株価維持、経済成長には効果があっても、このやり方ではさらに格差を生み出すのではないでしょうかねー。

2018年5月28日月曜日

パナソニックのクラフトレーベル。

パナソニックの展示会に呼ばれて、行ってまいりました~

このごろ・・・はやりのビンテージ風のペイントドア、自分でも塗れるレーベルが登場。
ドアのデザイナー、輸入壁紙、そして塗料メーカーのコラボでパナソニックが新発売いたします。
デザインの種類も多く、好みのアイテムでオリジナリティーを高める工夫ですね。
センスの見せ所ですかね~

2018年5月27日日曜日

ペット共生型賃貸住宅。

大手メーカーの取り組み内容を少しご紹介します。
ペット共生型の賃貸です。

入居率が落ちてきたので、いわゆるペット可にした賃貸とは全くコンセプトが違います。

例えば、ポイントの一つに・・・
入居者には事前に「ペット審査」なるしつけやマナーの教室を開催。

現在の飼育状況を入念にヒヤリングして、入居者が互いに快適な住環境を保つ取り組みが大切だということ。

そうしないと、ドッグランなどを作っても、交流が上手くいかないですよねー。

ドッグラン、足洗い場、リードフック、など外回りにだけでなく、建物内もワンちゃん用の建材を使うことになります。

2018年5月26日土曜日

地銀7行、フィンテックで新会社。

群馬銀行(前橋市)や池田泉州銀行(大阪市)など地方銀行7行は5月25日、デジタル化の推進で連携し、人工知能(AI)開発などを担う共同出資会社を設立。

各行の投資負担を抑えながらFinTech(フィンテック)などを活用した新サービスの開発などを進める。

~以上のニュースが出ておりました。

フィンテック???
なんでしょう~

フィンテックの登場で金融サービスのデジタル化が急速に進むと見込まれる、っとありますが・・・

例えば、スマホの操作だけでAIを利用した借り入れ審査ができたりするのでしょうかねー
銀行サービスが変われば、新規参入も増えそうなので益々あぐらをかいてはいられませんね。

2018年5月24日木曜日

この際、部活組織の在り方まで。

日大側の記者会見で事態はさらに紛糾する方向へ動いています。

私が思うのは、この際部活全体の在り方について徹底した議論をして現代に続いているモノを言えない支配構造を変える方向にいかないものだろうか。

高校バスケットでも監督から暴力を受けた生徒が自殺に追い込まれてしまった心痛む事件もありましたし。

テレビでは、たけしさんが就職に有利に働くので必死にやっている学生もいると言っていました。

企業によればスポーツ特待生ばかりを採用するケースもある。
スポーツ等に打ち込んだということは、厳しい上下関係に耐えて、また不条理な命令に対しても従順であるとふんでの採用ではないか。

そういう人たちを欲しがっている企業が多いと言えるのでは?

イエスマンたちを束ねる支配構造で統率が取れていると勘違いしている部活や企業はそこらじゅうにあるように思えます。

こうやって考えてみると、日本の一部組織構造は経営者不在の支配者とひつじ集団のようで、いわゆる外資系・個人能力主義のグローバルというキャッチフレーズの米国企業組織の方がまだまともに思えたりする。

とにかく極端は良くない。
この際、部活の組織構造を改めなおすよう、学生や生徒の無記名アンケートなどを取って、今回関係ない部活も組織改革する方向に行ってほしいと思いますね。

2018年5月23日水曜日

日大選手の謝罪会見に好感。

日大選手のご本人の謝罪会見ですが、誠実で信憑性の高い内容だったと思いました。
反対に大学側は政治家や官僚の手法を用いた逃げの構えでしたよね。

彼は退路を断って真正面からの謝罪をし、いかに追い込まれ指示されたとはいえ、やはり自分が行動を起こさなければこういう事態にはならなかったと非を認めました。

やってしまったことは、取り返しがつきませんが、ここまで覚悟できたのなら新しい人生を切り拓いていくことができると思います。

被害者側と示談が成立し、被害届による刑事処分も決定したなら、彼の進路については誰か指導者が引っ張ってあげるべきだと思いました。

彼は日本代表に選ばれるような優秀な選手らしいので、どこかの大学が彼を転入させる方法はないものでしょうか。

手段を選ばない勝つための支配構造から抜け出して、もう一度アメフト本来の楽しさを味わってほしいものです。

2018年5月22日火曜日

小型店舗戦略。

人口減少、経済市場縮小で厳しいのは、地銀だけではないようです。
りそな銀行が新宿に3人で営業する小型店舗を開設したとのニュース。
平日夜・土日の営業で顧客層を増やす戦略。
専門性が高い場合は、本部に居る行員とテレビ会議システムを通じて対応する銀行もあります。

今後も小型店舗戦略は増えそうだが・・・
結局のところ、商品に精通した行員の育成にかかっているといるということですね~

そこだな、まさしく・・・いつの時代もそこなんでしょうね。

2018年5月21日月曜日

地銀、6割超が減益か赤字。

またまた、地銀のニュースが地元紙に掲載されていましたね。
日銀の金融緩和策でまれにみる低金利となり、貸出金利は1%を割り込むケースが増えて利ザヤが稼げない地銀。

本来の地銀の問題は人口減少による経済縮小で単独でも生き残りが難しい県が多数があり、本県もその一つであります。

つまり、金利が正常に戻ったと仮定しても経営は難しい、特に人口の少ない地方は・・・
なので、「スルガ銀行」「みちのく銀行」のように不正が発覚したり、「福島銀行」のように運用の失敗なんかが出てくる。

先に経営が苦しくなり、結果を出さなくてはいけないので、コンプライアンスがドンドン低下して不正に走ってまで、なんとかしようとしてしまう。

麻生大臣は、「新しいものを開発しないと生き残りにくい」などと完全な他人事。
高みの見物というヤツですかね(笑)

新しいもの???
日本の銀行マンはまじめなタイプが多いと思うのでそこはどうなんでしょう。

昨晩、地元長崎県のサッカーチームを再生中とタカタ社長がテレビに出ていましたが、あの人のような方なら、なんか出てきそうですけどね~

でも、この地銀問題は国家の経済問題だと思うし、行政の在り方も同時に考えていく必要があるのではないでしょうか。

2018年5月19日土曜日

木造の強みを引き出す。

構造躯体は、大きく分けて鉄筋コンクリート造・鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造、そして木造です。

それぞれに特徴があります。
たとえば、鉄筋コンクリート造なら曲線や斜めなど自由に形成が可能ですが、コンクリートには寿命があります。

木造は本来構造によれば木自体が自然材のため寿命がありません。日本全国に神社・寺・城など歴史ある建物が残っているのはそのためです。

現代の木造は基礎にコンクリートを使っているので寿命がある訳ですが、お城などは石垣、つまり自然材なので寿命がない。

一般の在来木造(お寺などの伝統工法とは違います)の弱点は、4F建て以上は無理ですし、鉄骨のように柱だけで支えられず壁が必要になりますし、スパンといいまして梁を大きく飛ばして大空間を生み出せないとかがあげられます。

しかし、コストパフォーマンスは最高ですし、断熱性能も作りやすいし、地震の際には自ら揺れることでエネルギーを消費して耐えます。

何と言っても人に良い影響を与えます。
森林浴のように木が人に与える波動は自然でいいとされ、鉄の波動は良くないとされています。

そうすると、木造の弱点を克服する工夫をすれば凄くいいものができるわけで・・・

今秋より徳島市で着工いたします建物ですが、1Fは完全な駐車場で2Fが事務所。
本来なら鉄骨造となって木造では無理な典型的なケース。

もう一つは、平屋で大きくスパンを飛ばして大空間のセミナールームや事務所を計画。
こういうケースも柱と梁だけで形成できる鉄骨造となりやすい。

一般在来木造では実現しないケースを「ラーメン木骨構造」「トラス構造」などを採用して計画を進めております。

これらが上手く組み合わさると、後には木造の素晴らしいところだけが残るという算用ですね~

ご興味のある方は、HPからメールください。
構造躯体が見えるうちに解説いたしますよ~
とは言っても・・・10月以降ですが(笑)

2018年5月18日金曜日

パークナードテラス湘南国際村。

メーカーの方に何かおもしろい取り組みなど・・・ないかどうか尋ねたところ、いくつか教えてくれました。

その一つに「パークナードテラス湘南国際村」というパナソニックが大型コンセプト分譲をしているとのことでした。

土地は都心に遠いので案外安めだそうだが、コンセプト色の強い街づくりのようです。

管理職サラリーマンなどが、別荘感覚で買っていくそうですが平均7000万円だというから、さすがですね。


別荘地としての周りのアイテムもそろっているようで、何かのヒントにならないかなと思って・・・
行って見学させてもらおうかなっと考えています。

2018年5月17日木曜日

消費増税時の冷え込み。

延期~延期続きの消費増税・・・今回はどうやら実施するみたいですね。
住宅ローン減税や、すまい給付金など以前に効果があった政策が具体的に出てきています。

政府等は増税時の冷え込み影響が少ないとみているようですが、私はかなりあると思いますよ。

8と10では桁が違うので、マインドに与える影響は数字より大きいと思いますね。

買い物をしたときの計算はしやすくなりますね。
でも、1円玉は減らないんですかね~

2018年5月16日水曜日

スルガ銀行事件と他責人。

スルガ銀行の悪事が次々と噴出しておりまして、以前より金融庁から目をつけられていた銀行です。

アパートローンに対する過剰融資ではなく、アパートローンということにしてしまう不正融資な訳です。

以前から、いわれていたのはスルガ銀行とあと二つの銀行があまりにもひどいということでした。
融資のしくみは違えど、あと二つの銀行も不正融資をしていたのでしょう。

ここで一つ言いたいことがあります。
アメフトの試合で暴行に近い不正なタックルをした選手は、こう言い放ちました。
監督が責任を取ると言われたのでやったという。

スルガ銀行の行員のうち不正を働いていた割合は相当なものだと言っていましたが、彼らはこう言い放つのではないでしょうか。
上司に言われノルマのためしかたなくやったと・・・

その上司は、経営層から強いプレッシャーをかけられ強く不正を推し進めたというでしょう・・・

耐震偽装で揺れた時にも、姉歯氏はコンサル会社や施主からコストダウンに対する強いプレッシャーをかけられてやってしまったと・・・

国会では口が裂けてもそういわないのは、その後つぶされるか或いは何かの得をもらうかの選択肢があるから、そうは言わない。

選択肢のない場合は、他責にしてしかたなくやったという大人になれない優等生たちなんですね。

「こんなことしたらアカンだろう」と自分で制御できないまじめな方たちが、社会的に重要な席につくとこういうことになるんでしょう。
見た目は立派な大人だが、中身は小学生の感性ということ。

彼らにはもう誇りある人生がなくなってしまいました。
しかし、そう考えないからやってしまったのでしょう。

スルガ銀行以外のあと二つの銀行も早く浄化作業に入らなければ、被害者が増えるばかりですよね。

しかし、被害者と言っている方たちも「こんなカタチの融資はアカンだろう」っと思わなかったところに原因があるんですけどね・・・

住宅ローンも含めて融資してもらうということは完済するのが基本形であり、サラリーマンであってもそこの責任だけはCEOな訳ですから・・・

2018年5月15日火曜日

記憶にございません~

知っていますか?
この「記憶にございません」って言葉。
ロッキード事件の国会証人喚問で使われ流行しました。

はやらせたのは、小佐野賢治氏です。
戦後最大の商人と言われた方で総資産10兆円以上とも目され現在相続争い中であります。

ナッツリターン、水かけ姫、さらには税関素通りで脱税・密輸などの容疑がかかりつつある大韓航空ですが、この小佐野賢治氏が大きくかかわっていたと知りました。

なんと90%株保有していたというから、この人が作ったと言ってもいいのではないでしょうか。

ロッキード事件には、角栄氏や児玉氏などが関係しており、様々な憶測が飛び交っております。

児玉氏に加え中曽根氏、笹川氏などCIA系とも関連があったのではないかとの説もあり、ただ大韓航空にしろ小佐野(国際興業創業)グループにしろ歴史は浅く第二次世界大戦・朝鮮戦争による米軍が深く係っているようです。

莫大な国費を投じる有事に歴史がつくられているのは、今も昔も全く変わっていないということだけは確かなようですね。

2018年5月14日月曜日

米朝会談のあと・・・

聞くに堪えん国会答弁をよそに着々と米朝会談予定は進み・・・どうやら北朝鮮が米国側の要求を全てのんだ形にみえます。

北朝鮮は日本だけ蚊帳の外において、経済支援を取り付ける圧力作戦なんでしょう。

米朝会談が成功しますと、現北朝鮮の体制は維持され、経済支援の話まで出るでしょう。
その時に、財布代わりに言われている日本が北朝鮮に対してお金を出すことになる。

日本政府は、拉致が解決しないと表立ってお金をだせない。
でも、米国から話がついたから、北朝鮮に送金してやれなどと言われる可能性もある訳でこの時は秘密裏に動くのでしょうか。

そうすると拉致問題は永遠に棚上げになってしまう。
ここは、北朝鮮というより対米国交渉にかかっているのでは・・・

コメンテーターの人が、そもそも日本人が拉致されているのだから日本が交渉しなければなんて言っていましたが、それは難しいのではないでしょうか。

日本と米国との交渉が最重要な時に国会では、相変わらずです。
中継を見ていたら、拉致問題の解決の糸口が見えないんですけど。

なんとかしてほしいものです。

2018年5月12日土曜日

徳島市でノロウイルス。

徳島市の飲食店でノロウイルスによる患者が出たと地元紙に掲載されていました。

パスタ・ピザなど本格的で美味しいお店~
私も、たまにお持ち帰りセットなどを利用していましたので、心配です。

以前に良く利用していました和食のお店も一度食中毒を出して行政処分を受けていました・・・

もう随分前ですが、知人のお店でもあって、その後の大変さを訴えておりました。

ここんとこの管理体制って相当厳しくやらないと難しいんでしょうね。
新たな安全管理体制を取って、はつらつと復帰されるよう願っています。
頑張ってください~

2018年5月11日金曜日

人工知能AIで融資審査。

イギリスの学者論文によると、15年~20年の間に600種類の職業のうち約50%はAIによって職を奪われると発表されたらしい・・・

将棋や囲碁、チェスなんかは既にAIが勝利しているケースがありますよね。

自動運転システムはもう有名でAIと組み合わせるとタクシー運転手は必要なくなる。
医療現場でもCT検査の分析もできて悪性なのか良性なのか治療方法やその理由を患者にいうまでAIで可能だそうです。

融資案件もその人のデータを打ち込めば、返済確率も明確に出てきて融資審査もあっという間というわけだ~

コンビニやグーグルなどのビッグデータに人工知能を加えれば、仕入れ具合や購買動向により、最適の運営方法を出してくれてCEOの判断もAIにおまかせ。

経営の将来性なども的確に解るんでしょうね~
人口減少が問題の日本にとってAI技術は本丸なんでしょう。

戦後の日本の工場から、現在のPCが発達した日本、今後はAIによる日本になるんですね。

すると、今より人の価値がドンドン問われる時代になる。
AIやビッグデータではできないものってなんでしょう。
発想力もAIで可能では・・・

情緒みたいな心に訴えかけてくるところなんですかねー。
それも、できそうだな(笑)

2018年5月10日木曜日

今太閤、生誕100年。

昨日、BS系で角栄氏・生誕100年として特別番組を組んでいましたね。ちょっとしたブームであります。
私も角栄氏には興味があり、何冊か書かれている本を読みました。

昨晩の番組では、失脚する引き金になったロッキード事件は、角栄氏が石油メジャー(ロックフェラー等)を通さずに、入手ルートを開拓したことがメジャーの逆鱗に触れたいうことでした。

しかし、その後も田中派として最大派閥を率いて、大平氏・鈴木氏・中曽根氏と総理を生み出すキーマンとして君臨していた。

私は竹下氏が派閥をひっくり返した背後には、やはり米国がいたような気がしています。

石油メジャーの怒りは、ロッキード事件である一定程度終わっていたので理由は他にあったのでは・・・

つまり、竹下氏にとって代わるよう仕向けた背景が何かということです。
一説には、アジアの共通通貨構想があるのではないかという話もあります。

世界基軸通貨は米ドルですが、ヨーロッパは対抗措置として共通通貨ユーロを生み出した、その何十年も前に角栄氏がアジア共通通貨を構想していたのが、本当だとしたら命がけの大仕事だった思います。

現実にはならなかったものの、先見性には素晴らしい力を発揮していた政治家ということですかね。

米国にすり寄らない本物のリーダーを米国は望まないんですよね~

2018年5月9日水曜日

ユーチューブの存在価値。

ユーチューブって様々なカタチで発信されていますよねー
私の竣工動画もユーチューブにアップして限定公開しています。

たとえば、ゴルフレッスンを探しただけでも数多くのコンテンツが次々と見つかります。

一昔前なら、レンタルビデオなどでジャンボや岡本綾子などが出していたレッスンビデオを見ていたし・・・

そのもっと前なら、誰かに教わるしかなかった・・・

ユーチューブのゴルフレッスンは、あまりの数のため一通りではなくレッスンプロたちが真逆のことを言っていたりします。

私も以前に3人のレッスンプロに習ったことがありますが、前にこういわれたなどと言ってもそれを認めてもらえないわけです。

どれを自分のものにするのか、選択していくしかない。

なので、ゴルフに行った時など、ユーチューブでこう言っていたとか誰かがいうと、それ見たことがある・・・でもこういっている人もいるよねっとなって迷走していくことになる。

あーでもない、こーでもないと、プロ側から発信される情報をどう受け取るかという、受信力が問われることになるんです。

なので私は、自分の打ちたいボール軌道を打っている方々に常に質問をし、実際に練習に行き、またユーチューブを見て、また質問をして選択を繰り返しながら迷走しています。

最終的には、運動神経のような気もしますが・・・あきらめずにドローボールを練習しています。

アベレージゴルファーのほとんどは、スライスボールというフェースが開いたまま打ってしまっています。
いわゆる、シングルハンデの方々にはやはりこれが少ない。

プロにフェードという方々がいますが、これはスライスボールとはまた違って飛距離も出ています。

何がいいたいかといいますと(笑)
ゴルフに対する取り組みも仕事に対する取り組みも基本的なしくみは良く似ているように感じますね。

迷走するうちに確実な部分を少しずつ積み上げてより良い結果を出すということでしょうか???

また、結果の数字(決算やスコア)だけでなく、自分の思う内容に近づいているのかどうか、そこが大切なのではないでしょうか。

2018年5月8日火曜日

大家さんと一緒に新思考。

先日OB大家さんと話の中で、次にイメージしているカタチを伺っていました。

たとえば、戸建賃貸をくっつけたらニコイチになります。
ニコイチと戸建て賃貸のどちらがいいかと言いますと、戸建てでしょう。

しかし、ニコイチにすることで、壁・柱など共有する部分ができてきて建築コストが下がります。
その下がったコスト分、間取りを大きくして家賃を同じにすればどうなるか???

っと、いろいろめぐらせていました~

3LDKの戸建て賃貸のほとんどは、洋室が6・4.5・4.5でしょう。
これが6・6・6となって、LDKの15帖が18帖・・・さらに大収納ゾーンもグッと増えたら、どうでしょうか。

戸建ての魅力と、ニコイチだけど他にない余裕の広さがある、家賃が同じなら選択肢が増えますよね。
一概にどちらがいいとは言えないところまでニコイチを魅力的にすれば面白いかも・・・なんて話していたんです。

もちろん、共有する壁には居室を作らないような工夫が大切ですけどね。階段とか、収納とか、水回りとか・・・

現実に、やってみないと解らない部分があるから、やはり面白いし、やる価値がありますよね~

2018年5月7日月曜日

GW明けの仕事~

私は混むのが苦手でGWは、どこへも出かけず・・・ずっとデスクワークをしておりました。

おかげでたまっていた事務処理はすっかり完了。
さらに次なる様々な取り組みやアイデアなんぞも整理したりして・・・

随分前からそうなんですけど、皆さんが休んでいるときにいろいろ思考するのが好きなんですね。

自分の仕事やモチベーションを自分のリズムでつくれるというか・・・

国家がつくった土日・祭日・お盆などにリズムを合わせないことが、自分のモチベーション維持になっているんですね。

2018年5月5日土曜日

「いいね」を欲しがる自己承認。

「いいね」を欲しがるのは、自己承認してほしいからだとテレビで専門家らしき方が言っておりました。

そりゃぁ~ほとんどの方々は、自分を何かのカタチで評価されたい、認めてもらいたいと願っているはずです。

私自身も、他にない賃貸商品を考え実現することで「いいね」をもらっているようなものです。

しかし、疑問に思うことがあります。
「インスタ映え」などと称して、人気スポットなどを上げている方がたくさんおられますが、そこで「いいね」をもらっても自己承認にはならないのではと思い・・・そうすると、そういう方の欲求はまた別ではないかなと感じます。

皆が知らない場所で凄く素敵な光景を見つけて、そこをアップしたところ「いいね」をもらう、それを見てそこに行って「いいね」をもらうところが違うと思うし・・・

もっと言えば、それは自分が創造したものでも、自分が組み上げたしくみでもないし、景色ならなおさら別に作った方がいたり、いつもそれを見ている方々もいたわけで、完全な他力なわけで・・・

また、「いいね」は数ではなく、共感する深さのような気がするので、「いいね」も5段階ぐらいに共感度を作って「いいね4」とかにすれば、ただの数ではなくレベル合計がいいねの多さにしたらどうでしょう。

自己承認はある程度、自分の感性である一定程度の評価をすればそれでいいような気もしますが・・・
楽しければいいようなものですが、その弊害みたいなものもあるようですね~

集団になりたがるのは、日本人の特徴なのでしょうか。。。

2018年5月4日金曜日

ニコイチ・メゾネットの多層構造。

間取りを考えていくうちに・・・1Fから中二階に吹き抜けるより、もう一部屋独立する部屋をこっさえて収納を充実させるスキップフロアに向かいました。
1FはLDKで洋室6帖が独立して使用できる、リビングとしてダイニングと広く使用する選択もできることで、一人用・二人用の間取りに可変性がもたらせます。

間取りも、いくつかできているのですが、公開は少々お待ちください。
2Fに洗面・UB・トイレに加え、1400mm大収納ゾーンをつくります。
その大収納ゾーン直上に洋室を作って、水廻りの直上に+αの1400mmスキップルームをつくる作戦たい。

これらを法規と構造躯体の耐震性を鑑みて上記の断面をこさえました。

戸建感覚(メゾネット・ニコイチ)+大収納階+スキップフロア大空間=他にないワクワクする暮らし

っとならないでしょうか・・・

2018年5月3日木曜日

TOKIOではなく、事務所でしょ。

違和感がありました、TOKIOのメンバーの謝罪会見。
事務所の経営陣が一緒でするなら理解できますが・・・

山口メンバーも辞表をリーダーに渡したとか???
それも普通は、事務所の経営層でしょ。

私が一番気になるのは、このことをメディアに出演するコメンテーターなどが誰も言わないことですね。

スマップの時もそうだけど、事務所経営陣はまったく出てこない。
そのことを誰も指摘しないところに違和感ないですか?


2018年5月2日水曜日

地元有力企業、今後の戦略。

本日付・地元紙にキョーエイ赤字転落・ニホンフラ増収増益という対照的な記事が掲載されていました。
スーパー業界の熾烈な競合は皆さんも知っての通り、次々と脱落企業を排出しております厳しい業界です。

そこにきて、イオンモール・ハローズ・夢タウンリニューアルと県外中堅・大手企業と戦わなければならず、なんとも厳しい。

対照的にニホンフラッシュは、中国での売上を順調に伸ばして成功を納めています。

徳島という小さな市場に中堅や大手が入ってきている現状で彼らの仕入れ力からしてまともに戦っていても難しいのではないでしょうか。

イオングループ自体が過酷な価格競争のため、スーパー部門では利益が出ず、不動産いわゆる店舗賃料で利益を出している訳ですから、今後さらに価格競争が厳しくなっていくんでしょう。

ニホンフラのように市場が拡大している地域に積極的に投資するか、地元対応なら大手と違う戦術で存在感を出していくか・・・

経営層の計画次第で結果が大きく分かれる時代、ある意味本物の経営者が求められる市場になったんですよね。

2018年5月1日火曜日

GW中日の経済効果。

長い9連休かと思いきや中日があるんですよね。
なので・・・ほとんどの人の場合、3連休のあと2日間の中日、そして3日からの4連休だけということになります。

この中日を祝日とする案もあるようですが、それはそれとしても皆で同じように連休にしてしまうこと自体かなりロスがあると思います。

星野さんは、以前から観光業の弱点は連休中満室でお客様をことわり、次の日からガラガラになって収益が上がらないことだと言っていました。

その通りだと思います、あちらこちらで満席、入場制限などがかかってもったいない話です。

それぞれが任意に連休をずらすことで経済効果は大きく変わると思いますね。観光業の売り上げも上がるはず~なんせ断っているわけですからね。

欧米のようにドカッと長いリフレッシュ休暇が取れるようになるとさらにいいんですけどね。

2018年4月29日日曜日

ハリル元監督の解任理由おせーて。

ハリル元監督、帰りましたね。
良く解りません、なんでこの時期に解任なんでしょう。
しかも、協会の理由が選手とのコミュニケーション不足というじゃない・・・

このあとの新西野監督は、ハリル元監督の技術サポートをしていたというし、ハリル氏も西野氏からそのようなことを言われたことがないというし・・・

どゆこと???

古巣の選手たちが招集がかからないことで不満を漏らして、それをくみ取ったのだったら大間違いですな~

だったら、最初から招集選手をある一定枠確定したうえでコーチングしてもらえばよかったのではないでしょうか。

そもそも4年ごとに監督を変えて戦術自体ころころ変えるより、少し長いスパンで戦略的にコーチングした方が結果得られやすいように思うんですけどね~

何度か出場して結果出せなかった選手に対して期待は難しいのではないでしょうか。

2018年4月27日金曜日

やっとリベンジ、サンピア。

本日は、前回お誘いいただきました、大家さんから再度ゴルフの機会をいただきまして、行ってまいりましたサンピアへ・・・

INスタート、珍しくしょっぱなのドライバーティーショットが完璧、そこからウェッジでナイスオン~
パーパーパーのなんとも気分のいい滑り出し。

しか~し、不安なドライバーショットはやはり右へ左へと散り始めINは42。
折り返すとさらにドライバーは散って散ってして44。

なんとか86でまとまったものの・・・
まぁ、どうにかならないかな~このドライバー。

私も55歳。
エボⅡ60g台Sシャフトなのですが、50g台のSRに変えようかなと思っています。

クラブとの相性は凄く大切ですもんね。

2018年4月26日木曜日

厳しい地銀への対応。

昨日の地元紙に「ふくおかフィナンシャルグループ」と「十八銀行」の経営統合計画の記事が掲載されていました。
地域によっては、人口減少により1行でも経営不可能とされている市場縮小を背景に地銀各行とも生き残り策を進行させています。

今回の統合は、金融庁ではなく公正取引委員会が独占禁止法にひっかかると判断とあります。

この統合がなされると長崎県での企業向け融資シェアが70%となり、融資先に悪影響を与えると判断したらしい・・・

しかし、私たち徳島県には阿波銀行と徳島銀行があって、実際にはあり得ないが、この二つが統合されたからと言って、私たち零細企業に悪影響があるとは思えないですがね~

高いシェアを背景に業績不振企業に対して金利上昇や貸しはがしや追加担保などの要求がエスカレートするのではないかとの見方なのでしょうが、企業側は本来融資案件に対してあらゆる防御策をもってして借り入れを行うのが基本だと思うので少し厳しすぎないかなと思いますね。

統合しかない地銀にとってお見合い相手を探すのも一苦労でしょうからね~

わが阿波銀行は、東京や大阪に支店増設して軸足を少しずつ変える戦略を取っているみたいですね。

現在の超低金利が解消される時代がきたとしても、どの銀行からも融資判断がオッケーになるような計画にしておけばなんの問題もない訳ですよね~

2018年4月25日水曜日

単身者向け、メゾネット+ニコイチ+スキップフロア賃貸。

断面のだいたいが固まってきました~
まずは玄関のある1Fは完全フラットのワンフロアです。
そこには吹き抜けがあり、中二階のリビングを見上げることができます。

この時点で日常には想像していなかった大空間が拡がります。
中二階までは12段の階段があるのでスキップフロアではありません。

どちらかというと二階扱いでしょうか。

その中二階から見下ろすダイニングは格別でしょうね~
そこから本当の二階に上がっていって洋室があります。

この洋室は、先ほどの中二階の上に出来た1400mmのロフトとスキップフロアで繋がります。
ここにも第二の大空間があります。

開放感があり、メゾネットなので下階への気遣いは必要ありません。ニコイチにして、真ん中に水回りや階段を集中させれば隣部屋への音もこれまた心配なし・・・

戸建感覚、大空間による開放感、余裕で暮らせる贅沢なメゾネット賃貸~どうでしょうか(笑)
現在、具体的な間取りの絞り込みに入っておりまする~

2018年4月24日火曜日

龍一のファミリーヒストリー。

昨晩のファミリーヒストリーは、教授こと坂本龍一さんでした。
父方母方とも見ごたえありましたね~

父方祖祖父は明治維新の時、足軽で藩の国境警備していたそうです。廃藩置県となり、職を奪われ苦労しながら料理屋を営み成功します。

母方の方も苦労人で勉強熱心だった祖祖父が商売で成功、その子供たちに音楽教育を施し、後に龍一に大きな影響を与えます。

龍一の父は、戦争で仲間がシベリア抑留されたことで大きく人生感が変わったようでしたね。
また、出版社に勤め三島由紀夫をはじめ数々の新人の発掘に力を注いだようです。

新人が売れると興味がなくなり、次の新人の売り出しに奔走するあたりは、龍一に引き継がれているのではないでしょうか。

その人の感性を大切に一生懸命取り組む姿勢なんかは、父方母方両方に深くながれているような家系でしたね。
龍一も感動していましたよ。

しかし・・・やはり、血統ってあるんですよね。
人の人生って偶然じゃないんだと思います~

2018年4月23日月曜日

試乗へ行ってきました。

私のではなく妻の車ですが、8年目を迎え走行距離12万キロを超えて、買い替え時期が近づいておりまして・・・

あちらこちらの試乗に行ってきました。

私が注目したのは、VW新型のPOLOです。
直3ターボ1000ccとは思えない走行性能、DSGギアつまりダブルクラッチによるシフトのスムーズさに加えコンパクト設計。

ボディー鋼製もよく好感がもてましたね~
さすが、ワーゲンって感じでした。
とは言っても助手席でしたが・・・

皆さんも機会があったら、ぜひ試乗してみてください。

2018年4月19日木曜日

4戸の長屋から新商品発想へ。

建築実例をアップしました。
今回の長屋を作ってみて、この4戸の長屋バージョンは魅力あるなと思いました。

なので、これをメゾネットに改造して2戸1棟でこれを工夫すればおもしろい魅力あるスキップハウスができるかも。

戸建感覚があり、音も気にならず、収納たっぷりでスキップと吹き抜けの開放感がある新商品。
そして、建築コストですね~

2018年4月18日水曜日

官僚トップのトップがこれだ。

以前、ノーパンしゃぶしゃぶで話題になった財務省。
金融庁を独立させた形で決着したが、変態ぶりは変わらないということでしょうか。

それにしてもセクハラの線引きが難しいというような話もあるが、けた外れのアウト。
テレビを見ているだけで、こっちが恥ずかしくなります。

これが日本のエリート官僚の中のトップ中のトップ、同じ日本人としてこの方々の人格ってどういうことかいなと理解に苦しみますわ。

しかも本人はあやふやな否定をしているのに大臣が「福田と思う」という(笑)・・・へんてこりんな報道。

さらに裁判になれば相手側弁護士となる財務省顧問弁護士に名乗り出なさいという滑稽の極み。

しかし、私たち日本人の質の低下は、政治家と官僚だけでないのかもしれませんね。
教育改革が必要でしょうか。

その教育改革を訴えていた第一次安倍内閣でしたが、それも教育勅語ではなんとも情けない。

一人の人として本当に独立・自立するということが、こんなにも難しいんですね。
どうすればいいのでしょう。


弱い人間と弱い立場は違っていて、いつも弱い立場の方々が被害にあうんですよね。

そういえば、ナッツリターンの続編も出てきましたね(笑)

2018年4月17日火曜日

小平くんの快挙~

ゴルフ話題連日で申し訳ないですが、なんとあっという間にPGAツアーで優勝してしまった小平くん。

秀道が5年かかって手に入らなかった優勝、遼くんが予選落ちを繰り返したPGAツアー。
あっさり取ってしまった~ありえへんな~

快挙ですな。

ケーブル系テレビでPGAをたまに観戦していますが、日本ツアーとはレベルが全く違いますね。
圧倒的な飛距離と求められる正確さ、要求される様々な球筋、さらに早いパッティング。

しかし、6打差の逆転優勝でしょ。
あ~すごい~

遼くんは今日本ツアーで選手会長していますが、くやしいだろうなぁ~
とにかく、おめでとうございます、奥さんも幸せですね。

遼くん、来年はいこうPGAへ。

2018年4月16日月曜日

ABCチャンピョンシップへ。

兵庫県の六甲山にあります、名門・ABCゴルフクラブへ行ってまいりました。
メンバーの一人のアルファードに4人同乗して2時間弱~

クラブの門をくぐり、クラブハウスへの坂道を上っていきますと、右眼下に広がる有名すぎる18番ホールが見えました。

車の中は、ほぼ絶叫~「うわ~~きれい~」
毎年テレビで見ていたあの景色が目の前に広がって、緊張が高まってきました。

早く着いたので皆でレストランへ、しばしコーヒータイム。
ドレスコードも厳しく重厚感があり、シーンとしているクラブハウスで緊張感は早くも頂点~

皆さん、口数も少なく・・・
メンバーの一人が私に話しかけてきました~
「ここってプレ4あるんですか???」(笑)

(プレ4とはティーショットがOBの時本来は打ち直すのですが、進行をスムーズにするため、フェアウェイ真ん中ぐらいに設けられた救済の特設ティーグランドのことで打って4打になります。)

私が・・・
「わいも初めてやけん、知らんのよ」
「えっ、初めてなんですか???」

この会話がさらに緊張を高めました(笑)
レストランからの風景~
OUTスタート、私はボギーペースで滑り出してまぁまぁでしたが、6番のPAR5でOB+3パットとももくってしまい、このホールだけで9~。ハーフ46で折り返すことになりました。

後半のINではパーパーと滑り出して気をよくしていました。
5ホール終わった時点で2オーバー。
しかし、突如パットが強くインパクトしてしまうようになって、ダボをたたいてしまいます。

池越えの名物ホール16番、ここからボギーペースに戻せれば80台で回れます。
っでメンバーが動画を取ってくれるというので、張り切ったところ、なんと池ポチャ~のダボ(笑)
動画には私の悲鳴が・・・

80台にするには残り2ホールをボギー・パーにしなければなりませんでしたが、17番はボギー。

夢の18番(遼くんがウォーターショットを決めてプロ初優勝したところ)でパーが必要となってしまいました~
こちらが18番のティーグランド~
せまいでしょ。
ティーショットはひっかけミスで左へ。
そこから刻んであこがれの池越えにチャレンジしました。
プレッシャーに耐えかね少し大きなクラブを選択してしまい、グリーンオーバーのバンカーへ。
そこから3パットのダボ(笑)

トータル91でのラウンドでした~
開放感いっぱいの最終ホールの記念撮影です(笑)
皆さん、苦しみながら耐えた18ホール・・・最後は笑顔です。
手入れが行き届いて、キャディーもいい、クラブハウスも重厚感あり、お勧めの名門コースでした~

2018年4月13日金曜日

2018年4月12日木曜日

大家に大きく影響する地銀の再編。

本日の徳島新聞に金融庁試算記事があります。
人口減少による経営環境の悪化で、地銀が1行だとしても存続が難しい地域が23県あると金融庁が試算したとあります。

もちろん徳島県はそのうちの一つ。四国は愛媛のみ1行だけなら存続可能となっています。

そうすると香川・徳島・高知で1行ということでしょうか。
全ては支店でまかなうと・・・

しかし、地銀が1行もいらない経済の大きさでは、様々なところに悪影響がでるでしょうね。
競合する中において常に優等生でないと計画通りの利回りにはならないということですか。

これらも含めて考慮しますと、やはりスピード償却が一番ということになりませんかね。
今から償却時間の長いRCや鉄骨でいくなら、特別いい場所でないとリスクが高すぎると思いますね。

金融庁がやんややんやと地銀の再編を促すのは、こういった話がそこまできてるんですよね。

2018年4月11日水曜日

黒田総裁の消費増税見解。

黒田総裁の続投が決まって、これまで通り金融緩和策を続けていくことになりました。
一方では目標の2%物価高に届かないとして、さらなる金融緩和を求める動きもある。

しかし、金融機関に合って業績不振にあえぐ銀行も出てきてそちらの方向には慎重でしょうね。

続投が決まった黒田総裁の消費税増税の見解が出ています。
「引き上げ幅は2%で食料品は上げない。経済に対する影響は前回に比べるとかなり小さいものになると予想」

私は消費者の多くは、現在の8%でもキツイと認識していると思うので、これが10%になるというのは、課税対象外があるとしてもマインドの冷え込みは相当なものになると思います。

特に大型建設の賃貸は大きな影響を受けるでしょうね。
いずれするなら、早めの計画&シミュレーション検討が得策ですよ。

2018年4月10日火曜日

職人不足の理由。

賃貸物件本体が完成しますと、外構工事にかかることになります。
駐車場・駐輪場・擁壁・ゴミステーション・コンクリートブロック積やフェンスなどなど・・・

このところ良く聞くのが、コンクリートブロックを積む職人がいないとのこと。

私たちは、施主と打ち合わせてハウスメーカー相手の外構業者や土木専門建設会社に発注します。
そこから専門業者は、工事内容によりいくつもの枝分かれをして自社の職人に加えて各専門の職人たちに発注され管理していきます。

コンクリートブロックを積む職人がいないのは、儲からない上に重くて体がきつい訳でドンドン廃業し後継ぐ者がいなくて不足しているということです。

さらに通常の左官業のような長い修業時間を要しないため、短時間で参入できるので単価が下落しやすいんですね。

このほかにも職人不足の業種は増えていますが、単価は一向に上がらない。
廻りが上がらないから私たちも施主の手前あげられない。
そうすると後継ぐ者はいなくなるというサイクルですね。

しかし、商社が扱う建材などは値上げもありますし、現に大手ゼネコンは建設資材の高騰といって受注単価を大幅に上げている模様。
問題はそこから下へ下へ発注する際にどこかでデフレ圧力がかかり単価が上がらない。

これらのしくみにより、孫請けやその下の会社、もっと言えばそこからさらに下の職人たちは、現在のように公共工事が活況でなくなると倒産の危機にさらされることになります。

なので、職人不足のまま、ドンドン進んでいけばどこかで単価が上がったり、革新的な他の工程に移行していくはずなのですが・・・

職人離れの理由のもう一つは、画一的な仕事が増えたということでしょうか。
本来の専門的な職人技能は、誇りあるカッコイイ仕事だと思いますね。

2018年4月9日月曜日

ピンG700のレビュー。

気温も低く強風が吹き、時々雨も混じった鳴門グランディー。

いい感じのスコアペースに突然やってくるトリプルボギー。
やはり、やってきましたトリ~(笑)
トータル93でまたもアウト。

この日初めて新商品、ピンのG700のピカピカを使用してみました。
現在使用のゼクシオ7アイアンとロフトの比較表を作って望みましたが、縦の距離はほとんど合わず~

レビューですが・・・
打感は固くパチンと強くはじきます。
距離は9番でも150yぐらいいく飛び方、っというかロフト自体が立っていますので、9番でも軟鉄アイアンと比べると7.5番ぐらいのロフトですね。

バンバン、グリーンオーバーして奥の斜面から苦しいアプローチを強いられました(笑)

私の感覚からいけば、打感はゼクシオが勝っています。
あと、この飛ぶ感じをどう戦略に使うかですね。
ここはプレーヤーによって違うところだと思います。

ピンはドライバーの打感はいいのに、スプーン・ユーティリティー・アイアン全て打感が固い感じですね。飛ぶように作るとこうなるのでしょうか~

同伴プレーヤーの方のドライバー・タイトリスト・VG3は、「パクン」っといい音していましたよ。
参考にしてみてください~

2018年4月7日土曜日

鳴門グランディーへ。

本日は、銀行支店長・顧問税理士とともに鳴門グランディー・東コースへ行ってきます。

サンピアで成し得なかった80台を目指すとです~
また、ご報告いたします。
ファ~~~(笑)

2018年4月6日金曜日

サンピアで桜散る・・・

大家さんのお誘いでいってまいりました~サンピア。
この通り、桜は散っておりました。
私のスコアも92と・・・またも80台とならず散ってしまいました(笑)
キャディーさんのファーというお声が今も耳に残っておりまする。

2018年4月5日木曜日

大家さんとサンピアへ。

本日は建築していただいた大家さんからお誘いを受けてサンピアへゴルフに行ってまいります。
光栄なことですね。

サンピアの入口手前には桜並木があります。
ちょうどギリギリでしょうか。
記念に撮影してまいりますね。

2018年4月4日水曜日

たけしファンとして一言。

がまんできん~言わせてもらいます~
売上の80%以上がたけしさんの仕事というオフィス北野の社長に一言いわせていただきます。

社長ずらして物言っとるが、なんのリスクも負わず筆頭株主にいつの間にかなった???アゲク・・・赤字???

恥ずかしいと思わんのかな~
たけしさんがいなくなった後、運営できるはずもない社長でしょ。

年収1億円とかテレビで言っていたが、赤字なら責任とって給料なしだろ。
っというか、売り上げから察するにほとんど横領まがいと疑ってしまうわ
赤字分、自分の口座から補填するのが社長でしょ。
このあと、ぐずぐずいいそうだが、一人からやってみると自分の実力のなさが身にしみるでしょう。

あ~たけしさんの新作映画が見たいわ~

2018年4月3日火曜日

外観イメージを作る。

スキップハウス共同住宅10戸の外観写真を撮ってきました。
6尺の脚立の天板に立って撮ります。

少々怖いですが、建物の高さが高いので目線が高くないと、煽ってしまって両サイドがゆがんでしまいます。
こちら・・・現実の写真。
この写真を印刷して外注先のデザイナーに「あーして、こーして」とデジタル処理をお願いします。
いわば、お化粧ですね。
っで、こちら・・・
建物の単調な縦と横の線を自然な木でゆらぎを持たせます。
建物は基本的に縦横に垂直でできています。
なんとか作ってもRラインでしょうか。

そこに必要なのが、規則性のない「ゆらぎ」なんですね~

2018年4月2日月曜日

大開口・大空間の実現。

現在、思案中の案件で、木骨ラーメン構造のお話を少ししました。
こちらの資料をご覧ください。
間口6mまで飛ばせるという構造躯体ですが、なにが違うかと言いますと・・・
在来工法では飛ばせるのは4m・2間までで、最大の差はその間口の横方向に耐力壁がなくてもいいという点です。

例に漏れず、弊社のガレージハウスは、横方向に耐力壁を設けた在来工法です。

このラーメン構造の特性を最大限利用すれば、面白いものができると思います。
もちろんリビングなんかもドカーンとひろくできるのですが、そういうことではなく鉄骨・RCでないと絶対できなかった間取りやコンセプトに使いたいんですね。

もちろん在来工法より高くつきますが、鉄骨に比べると相当安くなる、あきらめていたアイテムやゾーンを実現できたらと思うのです。

2018年3月31日土曜日

木骨ラーメン構造によるガレージ。

現在、ご依頼いただいている案件の中で1F駐車場2F賃貸というオーソドックスなシチュエーションがあります。

普通ならこれを鉄骨で下駄はかすなどといいますが、下をすっとぬかしにして2Fに居室空間を作るケースになると思います。

鉄骨・RCは姉歯事件以来、建築価格が高騰しています。
基礎に多くの予算がかかり、地盤改良工事もほぼ出ます。

つまり、賃貸にするならドンドン上へ積み上げて階数を増やさないと採算に合わない。

しかし、木骨ラーメン構造なら、それらよりはずっと安くなるはずです。木骨ラーメンがどの程度自由が効くのか、現在協議中であります。

ラーメン構造とは、鉄骨のように剛接合される躯体のことです。
木造系はラーメンではなく柔接合で揺れに対してある程度しなりがありますが、ラーメンは強固な接合で耐えるしくみです。

この特徴を熟知すれば新商品が開発できると企んでおりまする~
進捗ありましたら、またご報告いたします。

2018年3月30日金曜日

建築実例の外観。

これより3現場の建築実例を順を追ってアップしていきます。

その時、外観写真を私が撮ってくるのですが、現実には電線や隣の屋根など写したくないものまで写ってしまいます。

そこで、デジタルで削除したり、現実には存在しない植樹などを施していきます。
実際には、メンテがかかるので植樹を避ける大家さんは多いと思いますが・・・

っで、こんな感じに仕上がってきます。
建築中に満室になった徳島市・長屋Ver.スキップハウス・4戸です。
専有面積は、なんと50㎡近くあり洋室は12帖+スキップルーム8帖と余裕です。

収納も各所に十分備えられています。
収納を増やしても専有面積が増える割には洋室が大きくなりませんが、この物件はドカンと思い切ったケースで、入居者も収納量には満足。

家賃とのグッドバランスで、さっさと満室になりました。
近く建築実例で詳しくご紹介いたします。

2018年3月29日木曜日

証人喚問で思うこと。

佐川氏を国会に召致して証人喚問をしていましたね。
予想通りの展開でやらない方がましのような気がしました。

佐川氏は、完全武装で守る極意を知ったセオリー通りの対応ですね。

証人喚問するなら、総理夫人とおつきの谷氏でしょうね。
ここからだと突破口が見いだせそうですが、なので与党は絶対出さないでしょうね。
今回は、トカゲのしっぽ切りで迷宮入りでしょう。

テレビで玉川さんが地検が本気で捜査するかどうかで決まると言っていましたが、その通りだと思います。
日本会議の議論もないまま隠蔽国家として終焉するのでしょう。

そして私が思うのは、これだけの疑惑があっても国民のほとんどが与党支持だということです。

つまり、経済政策が上手くいっていて景気指標が上がっている。
物価が上がり、株価が上がって土地価格も上がっているから、いろいろあるがそれでいいということなんでしょ。

大人と言えばそういうことですね。
一部で良くないことがあっても全体で判定すると、それほどでもないし、他よりいいだろうという感じですかね。

私は今回のことで、政府・大臣等の官僚に対する人事権は再度見直した方がいいと思いますね、戦々恐々とした官僚では隠蔽を重ねる政府に対して、毅然とした本来のパートナーになれないですよね。

2018年3月28日水曜日

PINのスプーン・・・

私のドライバーはPINのG400です。
シャフトはフジクラのエボリューション2。
(エボリューション4と思って買ったら2がきて、これが偶然良かった。)

現在のテーラー系とか合わずこれが一番いい感じでした。
なので古いスプーンとユーティリティーをこのPINのGシリーズに変えたのですが・・・
これが外れました。

決してクラブは悪くないのでいっておきますが、私と合わないんです。
ざんねん~
さっそく、ゴルフパートナー行~ですね。

その古いスプーン・ユーティリティーというのが、2008年のテーラーメイド・バーナーなんですね。
何を買ってもこっちの方がつかまりが良く音も感触も素晴らしい。
困ったもんです、傷だらけ。
シャフトもフジクラのランバックスという古いやつ。

10年も前のクラブを上回れないなんて、どういうことなんでしょうね~
誰か教えてください。

2018年3月27日火曜日

2019年竣工に向けて。

来年2019年の2月に竣工なら今からの準備が必要です。
一番いいのは、年内に竣工して1月から本格募集活動するのがベストスケジュールです。

現在、金融機関の融資審査待ちや確認申請前の開発許可など動いております。

っと同時に去年から進めてまいりました、戸建賃貸・長屋が徳島市にて4月より着工いたします。
また、スキップハウスも徳島市にて現在建築中がございますので、構造見学の方はお声かけください。

迷ったらやめましょうの次に・・・
動く方は、今ですよ~

2018年3月26日月曜日

迷ったら、やめましょう。

迷っている大家さんに・・・
賃貸事業の計画を立ててある程度進みますと、借入金や家賃収入に加えトータル予算がはっきりしてくると思います。

当初の想定予算よりたいていの場合オーバーしていると思います。これが、かなりの予算オーバーになるとこのまま進めて良いのかどうかと迷うことになります。

この時、建設費に目がいってなぜこれだけかかるんだろうとなります。この想定を大手メーカーの営業マンは想定してロープレしています。

なので、目にふれない断熱や耐震等を熱弁して、建設費の安い他メーカーで建てるとこんな不具合で大変なことになりますと、相も変わらず古典的な囲い込みをしてムクな大家さんは呪縛に見舞われます。

家族など廻りが止めに入っても呪縛から解き放つことができず、この企業に託すんだという思いこみで進めていくケースがあります。

賃貸事業は、経営ですのでトータルバランスが最も重要です。
断熱や耐震に特化して、だから大丈夫とはならないものです。
数百万で済む差額が数千万になる理屈には程遠いと思います。

だから、迷ったら思い切ってやめましょう。

大家さんとは社長です。
社長が新規事業を開始するのにどこかに託すとか迷うことはなく、ワクワクしながら突き進んでいくものです。

例えば、ゆったりと8戸でいくか?コンパクトに10戸でいくか?とか。長屋よりここなら戸建てが将来的にいいのかな~とかの考えは迷っているのではなく、事業内容を冷静に吟味しているプロセスなので大切な時間です。
これらは、迷っているのとは全く違います。

迷ったらやめたほうがいい。
また、計画し直せばいいだけの話です。

大きな借金は資産とはいいません、きちんとした利回りに基づかなければ事業とは言えないですから。