2017年4月24日月曜日

土地から購入の注意点~道路斜線事例。

道路中心後退の事例の時に出たやつです。
 道路中心後退後は敷地は面積が減る代わりに4mの接面道路としてみてくれます。

両サイドに中心から2mずつ後退して4mの道路をつくります。

接面道路と建物の軒先までの距離が道路反対側にも採用されて道路が広がった状態で斜線を引けます。

このセットバックをつかえば狭く苦しい道路幅員でも意外とクリアできます。

しかし、SKIP HOUSE は高さが9mもあり一般住宅より約3m高いので慎重な判断が必要ですので、お声をおかけくださいませ~