2018年5月23日水曜日

日大選手の謝罪会見に好感。

日大選手のご本人の謝罪会見ですが、誠実で信憑性の高い内容だったと思いました。
反対に大学側は政治家や官僚の手法を用いた逃げの構えでしたよね。

彼は退路を断って真正面からの謝罪をし、いかに追い込まれ指示されたとはいえ、やはり自分が行動を起こさなければこういう事態にはならなかったと非を認めました。

やってしまったことは、取り返しがつきませんが、ここまで覚悟できたのなら新しい人生を切り拓いていくことができると思います。

被害者側と示談が成立し、被害届による刑事処分も決定したなら、彼の進路については誰か指導者が引っ張ってあげるべきだと思いました。

彼は日本代表に選ばれるような優秀な選手らしいので、どこかの大学が彼を転入させる方法はないものでしょうか。

手段を選ばない勝つための支配構造から抜け出して、もう一度アメフト本来の楽しさを味わってほしいものです。