2020年3月26日木曜日

コロナ経済対策。

日々、チマチマしたコロナ緊急経済対策・政府案が出ておりますが、とにかくチマチマしていて効きそうもない印象です。

米国のようにドカーンと、かまさないと・・・

この手の話の時に考え方の基本となるのが、国の借金の捉え方にあると思うんです。
財源として国債発行していく訳ですが、大きく2つに分けてみます。
①プライマリーバランスを取ることが必要
②自国借金なので返さなくていい
っと、この二つ。

財務省は①、私は②なんですね(笑)
まぁ、私の方の考え方を支持する方は、ほぼいませんが(笑)(笑)

資産もあるし、国債を発行して日銀が引き受けて国内に円をばら撒けばいいと思う、他国から借りてないんだからギリシャのように、誰かから返せとは言われない。
いくら借りても(日銀引き受け)いけるでーと真剣に考えています(笑)

なので、思い切った財政をどかーんと出動させましょう~
中小企業向けには、政府保証枠の新設でバンバン貸し付ける。
労働者向けには、給付保証して返済の必要はなし。
大企業には、法人税減税。

今の政策のままでは、貧富の格差が一気に広がりそうで心配です。