2018年11月1日木曜日

断熱材メーカー、工場ストップ。

ある断熱材メーカーの工場がトラブルでストップし、断熱材の受注を一時的にストップしています。
断熱材メーカーで量産しているのは、4メーカーほどしかなく少なからず影響が出始めています。

以前3.11震災時に断熱材工場が被災、生産できなくなり断熱材不足で各現場の工事がストップするという時期がありました。
こういう時には、買い占めようとする動きが働いて、さらに品薄となっていきます。

高度成長期に水を差したオイルショックの時に、トイレットペーパーがなくなるとのデマが流れ、半信半疑で買い占めた消費者がけっこういて、店から本当にトイレットペーパーがなくなるという現実になってしまい、入荷するとまた買い占めるという悪循環が生まれました。

やはり、こういう事態の時は経産省などが主導して円滑な供給ができるよう動いてほしいと思います。

今回弊社はご契約物件について、断熱性能が低減しない他社製品も含めて既に手配いたしました。
施主様、ご安心くださいませ。