2018年6月9日土曜日

上手いだけでは駄目ですね。

永久シード片山選手が、プロアマで同組の招待アマを怒らせてしまったようです。
原因・詳細は、これからでしょうが・・・

やりかねないと正直思いました。

私は、兵庫・岡山・高知でのトーナメントには何度もギャラリーとして観戦に行きました。

ティーグランドでショットを打ちながら大声を上げたり、ミスショットをした際にクラブでキャディーが背負っているバッグを強打したり、パターをぶん投げる~

とにかくきげんのいい時はいいのだが、基本マナーは悪いです。

片山選手にクラブで背負っているバッグを強打されたキャディーは現在、松山選手について大活躍しています。
このキャディーとのやり取りや関係性は、現在の松山選手と全然違います。

スコアが悪いとホールアウト後のインタビューも口をとがらせてイヤイヤ答える場面もありました。

遼くんが自分の成績も振るわないのに、トーナメントのため積極的に動いているのに、大先輩としてなんの手助けもないどころか、こんな失態で足を引っ張る。
さらにプロの中に、プロアマ自体いるの?みたいなヤツまで出てきて・・・

プロアマの本質から米国へ行って勉強してこいっ。
だから男子トーナメントは人気が落ちてるんでしょ。

世界の目で青木さんにお灸をすえてもらいましょう~