2018年3月8日木曜日

東京⑯~リビングの吹き抜け~

よくリビングを吹き抜けにするケースがありますが、2Fの天井まで高く吹き抜けてしまうとかえって落ち着かないもので、程よい高さというのがあります。
2Fの手すりと1Fの天井の高さが少しということは、およそ1400mmぐらい吹き抜けているということですよね。
いわゆる「つまえるハウス」でいう1400mmの大収納ゾーン分だけの吹き抜けは、けっこういい感じになるはずです。
2Fの手すりと1Fの天井の横方向に少しでも吹き抜けた空間があるとより感じよくなると思いますね~
こちらは、リビング横にある畳コーナー。
掘りごたつ式で居酒屋の個室コーナー的な雰囲気でした~
ファミリーでそういう雰囲気を自宅で味わうのもいいかもしれませんね~