2019年3月23日土曜日

県内地銀、東京・大阪拠点充実へ。

本日地元紙に将来の収益確保のため、経営改革を金融庁から促される県内地銀が東京・大阪への支店出店を増やす記事が掲載されています。
まぁ、金融庁から促されたということではないと思いますが・・・
やはり都市へのシフトが生き残りには不可欠なんでしょう。
徳銀は、合併も予定していますよね。

地銀が合併するときには、貸出先の選定もあるでしょうから、収益性が低く借入金の多い中小・零細企業は返済を迫られるケースも出てくるのではないでしょうか。
短期融資などで借り換えを繰り返していると、「次は厳しいです」などと言われかねない。

こういう経済が収縮する中では、やはり実質無借金経営を目指すのが基本だと思います。

しかし、東京一挙集中は益々加速していきますねー