2018年10月1日月曜日

知事選は、普天間の問題。

台風一過で素晴らしい秋晴れとなりました。
我が久米監督は朝一から台風の影響確認で各現場+各竣工・引き渡し現場の安全確認に走り回っております。

今のところ、着工前現場に水たまりができたぐらいで、大した影響はなさそうで・・・ほっとしています。

昨日の沖縄県知事選ですが、辺野古基地反対派が勝ちましたね。
政府は、強硬に進める姿勢ですが、影響は出てくるでしょう。

私は焦点は、辺野古ではなく普天間だと思います。
普天間をどうするかという難問について、そのままでよいという答えが辺野古反対だということにならないでしょうか。

普天間を排除し、辺野古も反対だという訴えは、届かないのではないでしょうか・・・

沖縄県民からすると、もう基地はいらないという心情は良く理解できますが、日本がいまだ米国の属国のようなスタンスでいる限り、米国の基地問題+地位協定は、前へは進まないはず。

鳩山元首相の「最低でも県外」事件は、あまりに影響が大きすぎました。
日本政府と沖縄県の距離がさらに広がることを懸念しますね。