2017年10月31日火曜日

大手銀行の合理化。

本日地元紙・経済面に大手銀行3万人の業務削減とあります。
人口減社会にさっさと対応していく大手行・・・さすがでありますね。

窓口業務はネットバンキングに変わり、コールセンターの活用に融資情報分析などはAIを導入するという。

各行は新たな取引に資産運用相談業務を掲げています。
格差社会を見込んでのことだと思います。

この流れは地銀にも時期にやってくるでしょうが、地方の雇用の受け皿として中心にある地銀がドンドン削減していけば、益々地域の疲弊は進むでしょう。

資産運用部門の強化といっても、資産家は都市部に集中しているため地銀の業務転換は至難の業といってもいいのでは。

5割超の地銀が本業で赤字といいます。
金利1%未満、などでは厳しいのでしょう。

日銀の最終目標はどこにいくのでしょうか。
一部の富裕層と大手行の組み合わせ、地銀再編の行方も気になりますね。