2016年9月25日日曜日

夏を旨とする。

日本家屋の多くは、夏を旨として作られていました。
時代劇に出てくるお屋敷の寒そうなこと・・・

しかし、夏は涼しいでしょうな~

日本の気候風土のうち木造建物に悪影響を及ぼす一つが高温多湿ですね。私の両親の出である神山などの建物は高床式で床下が凄く高くスカスカなんです。

これは、夏を旨としています。庇は長く、完全に仕切られた部屋はなく、ふすまを開けていくと見渡せる感じですね。確かに夏は風が良く抜けていました。

しかし、冬は完全に我慢のレベルです。
これが建物にとっては長持ちする環境なんですね。

夏専用のパッシブ住宅というところでしょうか(笑)