2018年9月18日火曜日

貸家の新設住宅着工戸数を見る。

貸家の新設住宅着工戸数は、前年同月比で13か月連続の減少となっていますが、季節調整入れると1.1%減程度なんですね。
統計表を見てもほんのわずかの減少・・・
なぜでしょう~金融庁が不動産投資の融資巾を抑える動きを開始してなんとなく1年ぐらい・・・

まぁ、貸家の場合・・・持家と違って、融資決定から着工まで相当期間があるからねー

もっと減少していてもいいようなものなんですが。
今後、変わるかもしれないので注目しておきましょう。

なにごとも人がやっていない時にやる、これが一番。
市場に出尽くした後、既存よりもっといいものを出せば後々勝っていけるというモノ・・・

私ももういっこんしたいと考えちゅう。
ただ人口減少は最大マイナスポイント、だから償却をはやく~です。