2018年3月13日火曜日

森友学園問題の真相。

財務省が改ざんを認めて近畿財務局の公文書が出てきたことで大きく動き始めた、いわゆる森友学園問題ですが・・・

私たちの立場では真相が明らかになるのを待つしかないですよね。しかし、ここにきて本当に知りたいのは、日本の権力組織についてです。

森友学園は学校自体の認可に疑問があったのにもかかわらず承認され、土地もなんだかんだで安くしてもらえた。
その安くしてもらったことに安倍夫人が関与しているのか、どうかが取りざたされています。

安倍夫人が籠池氏夫婦と一緒に園児に教育勅語を言わせて安倍総理頑張れと連呼させて、夫人に感動を与えていましたが、私はぞっとしましたね。

あんなあどけない子供たちに凝り固まり偏った思想を強いて何を感動するというのでしょう。
民主主義とは個人の思想の自由から始まるのではないでしょうかねー。

しかし、私が知りたいのはそこまでして何をしようとしているのかということです。

日本会議という組織が大きく関与していたことは、報道でも言われており、数々議員たちのかかわった名前が出ていますが、これが日本会議のメンバーらしい。

安倍総理支持団体のひとつというが、安倍総理は統一教会も支持団体なようです。安倍総理は、祖父が岸元総理で自民党結党時の中心人物でした。
その自民党は現在公明党との選挙協力なしでは選挙に勝てなくなっています。その公明党の支持団体は創価学会ですよね。

山本太郎議員が大きな権力団体に所属していないと発言する機会も与えられないと嘆いていました。この辺が民主主義でないと思います。

自殺者まで出たのに、財務大臣のあの謝罪会見のような囲み会見のあの態度はなんなんでしょうか。
私たち庶民は、やはり財閥や貴族などの特権階級の下なんでしょうか???

日本の権力組織構造の真実を池上さんに最後(そのあと出られなくなるので)の花道として、解りやすく話してもらうというのはどうでしょうか(笑)