2020年3月16日月曜日

コロナの経済的影響、政策次第。

京都の三年坂、いつも人で賑わってすれ違うのにも気をつかうほどの観光スポット。
現在の日曜日の様子・・・
もはや、自粛やりすぎではないでしょうかねー
 
コロナ問題は、大きく分けて二つ。
ウイルス自体と経済。
 
その経済も大きく分けて二つ。
現実の売り上げ減少による影響とマインドの問題。

今後打ち出されるであろう政府の経済政策ですが、言葉の割には具体的には規模も小さく対象も限定的のような感じに見えて、このままでは消費マインドは下がりそう。

私も子供のころ、お年玉を楽しみにしていました。
この人は毎年1,000円くれるとか、3,000円くれるとか、
あてにしているというか覚えているものです。

そうしますと、その額をもらってもマインドは上がらない。
1,000円だと思っていたのに3,000円くれると一気にマインドは上がる。
逆に3,000円あてにしていたのに1,000円しかもらえなかった時の脱力感は大きく、計画お年玉予算に届かないこの差額をどうすればいいのか・・・
っと落胆することになり、予算再編成をせまられる(笑)

結果、プラモデルの数を減したり、ゲームへの投資額を小さくしたりと、消費行動が収縮していきます。
子ども一人だと経済的影響は大したことないが、国民全体がこのマインドに陥ってしまうと、マクロ経済では取り返しのつかない落ち込みを生むかもしれない。

今後の景気は、政府の緊急財政出動政策の内容次第だと思います。
消費税期間限定0を実施すれば、様子見だった大家さんたちも一気に動くでしょうね~
景気拡大、ピンチがチャンスになるでしょ。