2019年4月12日金曜日

ゴルフクラブ不思議の訳。

私は、たまにラウンドする典型的なアベレージゴルファーです。
今日は80台で回れると思いきや、どこかでももくって90台になるパターンが多い。

ももくりパターンは、ティーショットOBかグリーン周りのちゃっくり&トップ(絶叫パターン)に4パット(笑)

今マスターズ真っ盛りで、タイガーやミケルソンのようなベテランが上位にくる面白い展開になっていますが、このブログを見る方の中にもゴルフをされる方がいますので、ゴルフクラブの不思議を少し・・・

ゴルフクラブショップの方に聞いた話ですが・・・
各メーカーとも毎年のようにモデルチェンジやバージョンアップなどを繰り返していますが、少しずつ前回と機能面・特徴を変えながら進化しているようです。

つまり、キックポイントとか、はじき具合やつかまり具合を少し前モデルと変えることで販売を伸ばそうとしているんだそうです。
なので、今使用しているクラブがしっくりくるということは、新モデルはしっくりこない可能性が高いとも取れる。

私の最近のドライバー遍歴は・・・
ピンのG400+エボⅡ・661S⇒
ブリジストンJGR2015+エボⅡ・661Sでした。

以前からシャフトは、フジクラが合うようで、グラファイトは相性がよくないんです。
また、ヘッドはテーラーメイドやキャロウェイが合わないんですね~

それでアイアンは随分長くダンロップ・ゼクシオ7を使用しているのですが、もう何セットも買い替えたのですが、これが一番なんですね。
最新モデルがいいとはならないんです。

なので、ドライバーもゼクシオはどうだろうと半信半疑で使ってみたら、けっこう良かった。
シャフトは、エボⅣ・661Sに変更して、こちらも良くなっている感じです。

ショップの方・・・これまた毎年少しずつ変化させているので、エボⅡが合うということは、エボⅢが合わない。
しかし、エボⅣなら合うかもしれない。
私は、ⅡとⅣが合うようなので、現行最新のエボⅤは合わないとゆーことになる。

私の使用している3Wは、なんとバーナー2008モデル+ランバックス60Sという10年以上も前のクラブ。
これも何本買い替えてもこちらが合うんですねー。
未解明・・・不思議。

皆さんもクラブの買い替え時に、この毎年出すモデルの一つ飛ばしチョイスも考慮してみてはどうでしょう。

クラブじゃなくウデだという人がいますが、それは大筋正論ですが、その人の技量の中で格段に変わるのも事実です。

ゴルフパートナーで中古を探してもらえば費用も安いし、合わん買ったら、またもってけば半値ぐらいで引き取ってもらえますから(笑)

あーそれから、合う合わないは、ラウンドすることをおススメします・・・
鳥小屋や打ちっ放し場では、解らないことが解りました。