2018年9月15日土曜日

総裁選後の金融政策。

総裁選後のアベノミクスのうち、金融緩和策の中身が少しずつ変わりそうですね。

かと言って、金利が上がりだすというよりは、近い将来ほんの少しずつ正常適正金利に近づけようとしていきますよ、的なことのようですね。

どれくらいの時間をかけるのか不明ですが、今回の選挙の次の総裁の時までは、他のアベノミクスを含めて大筋は今まで通り。

五つのクジラで株価を支えられているうちは、政府は安泰ということかいなぁ・・・
問題は、株価下落局面で国民の貯金が目減りしていることが判明した時やね。

まぁ以前の金融危機の時でもモラルハザードよろしく、なりふり構わず乗り越え策を投じた実績からいって、そこはどうにかするんだと思います。