2018年4月12日木曜日

大家に大きく影響する地銀の再編。

本日の徳島新聞に金融庁試算記事があります。
人口減少による経営環境の悪化で、地銀が1行だとしても存続が難しい地域が23県あると金融庁が試算したとあります。

もちろん徳島県はそのうちの一つ。四国は愛媛のみ1行だけなら存続可能となっています。

そうすると香川・徳島・高知で1行ということでしょうか。
全ては支店でまかなうと・・・

しかし、地銀が1行もいらない経済の大きさでは、様々なところに悪影響がでるでしょうね。
競合する中において常に優等生でないと計画通りの利回りにはならないということですか。

これらも含めて考慮しますと、やはりスピード償却が一番ということになりませんかね。
今から償却時間の長いRCや鉄骨でいくなら、特別いい場所でないとリスクが高すぎると思いますね。

金融庁がやんややんやと地銀の再編を促すのは、こういった話がそこまできてるんですよね。