2018年3月29日木曜日

証人喚問で思うこと。

佐川氏を国会に召致して証人喚問をしていましたね。
予想通りの展開でやらない方がましのような気がしました。

佐川氏は、完全武装で守る極意を知ったセオリー通りの対応ですね。

証人喚問するなら、総理夫人とおつきの谷氏でしょうね。
ここからだと突破口が見いだせそうですが、なので与党は絶対出さないでしょうね。
今回は、トカゲのしっぽ切りで迷宮入りでしょう。

テレビで玉川さんが地検が本気で捜査するかどうかで決まると言っていましたが、その通りだと思います。
日本会議の議論もないまま隠蔽国家として終焉するのでしょう。

そして私が思うのは、これだけの疑惑があっても国民のほとんどが与党支持だということです。

つまり、経済政策が上手くいっていて景気指標が上がっている。
物価が上がり、株価が上がって土地価格も上がっているから、いろいろあるがそれでいいということなんでしょ。

大人と言えばそういうことですね。
一部で良くないことがあっても全体で判定すると、それほどでもないし、他よりいいだろうという感じですかね。

私は今回のことで、政府・大臣等の官僚に対する人事権は再度見直した方がいいと思いますね、戦々恐々とした官僚では隠蔽を重ねる政府に対して、毅然とした本来のパートナーになれないですよね。