2017年10月14日土曜日

遮音システム。

木造や鉄骨造などは躯体が柱と梁の軸で支えているため、防音・遮音工事が必要になります。

RC鉄筋コンクリート造で床や壁がコンクリートで形成されていると、優れた遮音性能となりますが、コストがかかってしまいます。

そこで、建材メーカーから様々な遮音アイテムが発売されております。
大建工業の遮音マット・床用などは以前から普及していてそれなりに効果があります。

今回、ご紹介するのはタイガー遮音フロアシステム。
ここで注目したいのは、遮音ボードと遮音ボードの間に施工するサウンドカットです。
音は周波数で伝達されるので、同じ材質を重ねても効果はなく、違う素材を何層にもすることで、性能が発揮できます。

音の問題と振動はまた微妙に違っていて、1F天井に防振性のある構造などにしていきます。

いずれにせよ、やればやるほど効果が期待できるのですが、採算を考慮するとそうもいかなくなる・・・
悩ましいところです~